サステナビリティ

環境行動5カ年計画

NGKグループは、5年ごとに環境行動計画を策定しています。5カ年計画の達成を目指して年次目標を毎年設定し、環境活動を推進します。

第5期環境行動5カ年計画(2021~2025年度)の概要

2021年度から2025年度における環境活動の目標として「第5期環境行動5カ年計画」を策定しました。
2050年までのCO2排出量ネットゼロを目指す「NGKグループ環境ビジョン」(2021年4月公表)の実現に向けた最初の5年間の活動計画で、NGKグループ環境ビジョンの主要テーマである「カーボンニュートラル」「循環型社会」「自然との共生」を重点事項としました。

基準年・目標年・管理範囲

環境行動5カ年計画の体系図

第5期環境行動5カ年計画の目標

第5期環境行動5カ年計画の各テーマと最終年度である2025年度目標および初年度である2021年度目標を以下に示します。
NGKグループ環境ビジョンの実現に向けて、「カーボンニュートラル」「循環型社会」「自然との共生」の3つの取り組みを計画しました。
カーボンニュートラルへの取り組みでは、従来CO2の管理指標として売上高原単位を採用していましたが、NGKグループ環境ビジョンの目標とリンクさせるためにCO2排出量に変更しました。
2050年ネットゼロ、およびマイルストーン目標である2030年度の2013年度比50%削減(排出量37万トン)達成への進 ちょく をわかりやすくすることが狙いです。また、再生可能エネルギーの利用拡大への取り組みとして、グループ全体の電力使用量に対し、再生可能エネルギー利用率の目標を新たに設定しました。この目標を達成することでNGKグループをネットゼロの状態に近づけ、社会の再生可能エネルギー普及推進にも貢献します。
気候変動とともに大きな環境問題である水資源については、従来は水リスクを評価し、その結果に対して適切に対応してきました。今回の計画では、より実質的な取り組みとなるよう、定量的な指標を設定しました。
一方、社会との連携という観点からは、環境社会貢献と環境コミュニケーションの推進を取り上げました。環境社会貢献では、従来は環境貢献製品での売上高の伸び率を目標にしていましたが、NGKグループ環境ビジョンとのリンクを考慮し、カーボンニュートラル関連製品の登録数を増やすことを目標にしました。CSR調達では、CO2排出量を含めたサプライヤーの環境データについて把握することを目指します。

※排出量は算定基準を見直したものです。具体的には電力の排出係数(電力使用量をCO2に換算する係数)について、従来の固定値から毎年度の電力会社実績値 に変更します。これにより、再生可能エネルギー利用率が反映できます。

環境行動5カ年計画の、2025年度の目標をまとめた一覧表です。

全電力使用量に占める再生可能エネルギー由来電力の比率

第4期環境行動5カ年計画の結果

第4期環境行動5カ年計画の最終年度である2020年度目標実績を以下に示します。
2020年度上期は、新型コロナウイルス感染症の影響で主要製品の需要が落ち込み、環境貢献製品の売上高やCO2の対BAU削減率で残念ながら目標未達成でした。その一方で、生産現場の努力によって、新工場・新設ラインの立ち上げが進んだため生産効率が改善し、目標達成が懸念されていたCO2売上高原単位目標は達成できました。

第4期環境行動5カ年計画の最終年度である2020年度目標実績をまとめた一覧表です。
  • ※1 年度目標に対する達成度の自己評価基準:○目標達成、×目標未達成
  • ※2 2013年度から改善がなかった場合の排出量に対する削減量の割合を示す(BAUはBusiness As Usualの略)この指標は為替などの影響が小さいため、生産部門の改善努力を直接見ることができます。
  • ※3 輸送量原単位は、トンキロあたりの原油換算燃料使用量です。
  • ※4 算定方法は、省エネ法に従っています。