NGKグループの社会貢献活動

持続可能な社会の実現に向けて、
さまざまな活動に積極的に取り組んでいます。

NGKグループ社会貢献活動方針

1.社会貢献活動に対する基本的な考え方

世界のさまざまな地域における事業活動を通じて、社会課題の解決に貢献します。
これに加え、社会の一員として地域に信頼される企業市民であることを目指して、さまざまなパートナーと連携・協働を図り、各地のニーズに応じた社会貢献活動に取り組みます。

2.重点取り組み事項

NGKグループ理念やビジョンをもとに次の分野を社会貢献の活動軸として取り組みます。

人・教育

未来を担う子どもたちにものづくりの楽しさを伝えるとともに、地域社会を発展させうる教育活動を支援します。

環境

NGKグループ環境ビジョンにもとづき、自然との共生に積極的に取り組み、地球環境の保全に貢献します。

地域とのかかわり

社会課題に関心を持ち、信頼される企業市民として地域共生をめざした活動を行います。また、NGKグループが拠点を置く国や地域を中心に魅力あるまちづくりに参画します。

社会感度の向上、多様性への理解浸透などのために、すべての従業員へ社会貢献へ参加することを促し、活動を体験、実感できる機会を提供するなど支援します。

3.情報開示

NGKグループで働くすべての従業員が活動趣旨を理解できるよう定期的に活動情報を提供します。
また、ウェブサイトなどで取り組みに関する情報を開示し、ステークホルダーとの信頼関係を深めます。

NGKグループの
社会貢献活動レポート

エリアを選択してください。

キーワードで記事を探す

レポート一覧

エリアの選択を解除

もっと見る

車いすテニス支援への取り組み

日本ガイシは、障がい者支援や地域のスポーツ振興を目的として、2020年から車いすテニスを積極的に支援しています。
愛知県を拠点に活動する車いすテニス選手の国内外への遠征費を支援するなど、有力選手の活躍を後押しし、
車いすテニスの競技者や愛好家が利用できるよう、グループ会社が運営する諸の木テニス倶楽部(名古屋市緑区)にハードコートを新設し、屋外トイレをバリアフリー仕様にしました。
また、日本ガイシは日本車いすテニス協会(JWTA)とオフィシャルパートナー契約を締結し、年間イベントや競技大会などへの協賛を通じて、車いすテニス競技の発展を応援しています。

車いすテニス選手の集合写真
車いすテニス選手の練習風景1
車いすテニス選手の練習風景2
日本ガイシは日本車いすテニス協会のオフィシャルパートナーです。 日本ガイシは日本車いすテニス協会のオフィシャルパートナーです。

子どもに科学の楽しさを伝えるサイエンスボランティア

日本ガイシは、ものづくりに携わる企業として、次世代を担う子どもたちに科学の楽しさを伝えることを目的に、1997年から「NGKサイエンスサイト 家庭でできる科学実験シリーズ」を科学雑誌「ニュートン」などで紹介し続けています。
各地の科学イベントに出展し、社員ボランティアがこれらの実験を実演しています。

科学雑誌「ニュートン」の写真
サイエンスボランティアの写真1
サイエンスボランティアの写真2

TABLE FOR TWOへの取り組み

日本ガイシは、社員が気軽に参加できるボランティア活動として2010年9月からTABLE FOR TWO(以下、TFT)のプログラムに参加しています。社員食堂でヘルシーメニューを食べると、アフリカの子どもたちに給食1食分(20円)が寄付される仕組みで、日本ガイシ内のすべての食堂(4地区8食堂)で実施しています。
また、NGKグループのNGKゆうサービス、NGKメテックス、NGKファインモールドでは、自動販売機を通じたTABLE FOR TWOプログラムに参加しています。

社員が気軽に参加できるボランティア活動としてTABLE FOR TWOに参加
社員食堂のヘルシーメニュー
自動販売機を通じたTABLE FOR TWOプログラム

TABLE FOR TWO

マラソンフェスティバルナゴヤ・愛知へのボランティア参加

日本ガイシは、地元で開催されるビッグイベントを盛りあげるため、マラソンフェスティバルナゴヤ・愛知に団体ボランティアとして参加しています。

団体ボランティアとして参加している写真1
団体ボランティアとして参加している写真2
団体ボランティアとして参加している写真3

工場見学のご案内

社会貢献活動に関するお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら