研究開発

未来と世界を見つめ、新たな世界基準を創造します。

日本ガイシの研究開発は、セラミック技術をベースとして、材料開発とシステム化技術を大きな柱としています。
エネルギー、エコロジー、エレクトロニクスの「トリプルE」の領域で、幅広い分野のエキスパートたちが、セラミックスの基礎研究から応用研究にいたるまで、新しい技術の開発、未来事業の核となる新製品の開発に日夜挑み続けています。

新製品の創出

研究開発本部・製造技術本部・事業本部・本社部門をまたがる全社横断的な取り組みを通じ、2018年には窒化ガリウム(GaN)ウエハー「FGAN」、紫外LED用マイクロレンズを、そして、2019年にはチップ型セラミックス二次電池「EnerCera(エナセラ)」シリーズを事業化しました。

引き続き、新製品群の開発に邁進し、全社を挙げて早期市場投入を進めていきます。

電力技術研究所

世界最大級のがいし試験設備を備え、実規模でがいし装置の各種評価・研究を行っています。
電力用機器の研究開発で数多くの成果を生み出し、電力産業の発展に貢献しています。

電力技術研究所

研究開発に関するお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら