アジア双信パワーテック地域社会

中学校の職場体験学習に協力

2017年07月

双信電機のグループ会社、双信パワーテック(宮崎県都城市)は、三股町立三股中学校(宮崎県北諸県郡)の1年生の職場体験学習に協力しました。
この職場体験学習は見学や実習を通して生徒に働くことの意義を知ってもらい、就職への意識を高めるほか、職業観や勤労観を養うことが目的です。参加した2人の生徒は、2日間の実習で2つの部署を1日ずつ交替で体験。生産課では生産工程で使用する電極板やコンデンサ※などの部材の入出庫や伝票処理を、品質管理課では入庫した部材が規格通りであるかどうかの確認と、外観や寸法、個数などの検査を体験しました。
※「コンデンサー」は、双信電機の主力製品の名称に合わせて「コンデンサ」と表記しています


生産課で部材の入庫作業を行う実習生

生産課で部材の入庫作業を行う実習生

 部材の寸法が規格通りかどうかを検査

部材の寸法が規格通りかどうかを検査

一覧へ戻る