アジア 日本ガイシ 地域社会/教育

中学生のSDGs学習に協力

2021年10月

日本ガイシは大治町立大治中学校の校外学習に協力し、生徒約30人に当社の取り組みを紹介しました。
大治中学校では、2021年4月から総合学習の一環でSDGsについて学ぶための取り組みをスタート。今回の日本ガイシ訪問は、実際にSDGsに取り組む企業を見学することで、生徒たちの知識を深めることを目的に実施されたものです。
生徒たちはAC工場でハニセラムの製造工程の見学と、ID-Roomで社員によるプレゼンテーション「環境、SDGsから学ぶ」を聴講。当社製品とSDGsの関連性について学びました。また、事前課題として当社から出題していた演習テーマ「自分にとってのSDGsを考えてみよう」を一人ひとりが考え、代表者6人が発表。AC工場とID-Roomでの見学や演習を通し、当社製品による環境への貢献やSDGsへの取り組みの重要性について理解を深めました。

SDGsの基本的な内容や企業が取り組む理由、当社の取り組みなどを分かりやすく説明
SDGsの基本的な内容や企業が取り組む理由、当社の取り組みなどを分かりやすく説明
製品について詳しく説明。生徒たちは熱心に耳を傾けた
製品について詳しく説明。生徒たちは熱心に耳を傾けた
工場見学の前に質問をする生徒
工場見学の前に質問をする生徒

一覧へ戻る