アジア日本ガイシ労働組合災害支援

福島の復興を願い種まきをしたヒマワリが開花

2017年07月

日本ガイシの社員が東日本大震災の復興支援として種をまいたヒマワリが、名古屋・知多・小牧の3事業所と石川工場で開花し始めました。この活動は日本ガイシ労働組合が参加している「福島ひまわり里親プロジェクト」に社員が賛同し、昨年度から実施。ヒマワリの種を買い取り、「里親」が育て採取した種子を福島県に送ることで、教育や雇用、観光対策に役立てる、全国と同県の絆を結ぶ活動です。

咲き始めたヒマワリ

咲き始めたヒマワリ

福島ひまわり里親プロジェクトの看板

福島ひまわり里親プロジェクトの看板

種まきの様子(2017年5月)

種まきの様子(2017年5月)

一覧へ戻る