ヨーロッパNGKセラミックスポーランド地域社会

創業10周年を記念し、パソコン、プロジェクターをグリヴィッツェ市内の学校へ寄贈

2014年09月

NGKセラミックスポーランド(ACP)は、操業10周年を記念してACPのあるグリヴィッツェ市内の小学校や専門学校へパソコンやプロジェクターなどを寄贈しました。9月30日に開催された10周年記念式典で、ACPの石川理社長からグリヴィツェ市のズィグモント・フラキエヴィッチ市長へ寄付目録が手渡されました。寄贈品のパソコン40台、プロジェクター5台、スクリーン17台は市内の3つの学校に設置される予定です。

ACPの石川理社長(左)は「地元の皆さんに感謝するとともに、今後も地元に根ざした活動を行っていきたい」とあいさつした

ACPの石川理社長(左)は「地元の皆さんに感謝するとともに、今後も地元に根ざした活動を行っていきたい」とあいさつした

一覧へ戻る