焼成炉・乾燥炉(加熱装置)

セラミックス 遠赤外線ヒーター

概要

産業分野あるいは加工工程によって、ヒーターに求められる性能は異なります。低~中温領域の加熱・乾燥に 対応したインフラスタイン。高温領域の加熱に優れたインフラセラム。秒速での昇温・降温が可能で遠赤外線加熱の対応範囲を広げたインフラクイック。遠赤外線ヒーターのプロとして、お客様に最適なヒーターを用いた加熱システムを提案します。

加熱、乾燥等に適した低〜中温加熱ヒーター「INFRASTEIN」

インフラスタインの特長

  • 高い放射率
  • 均一加熱
  • 高精度の熱コントロール
  • 長寿命

インフラスタイン単体

インフラスタインセット品
項目 性能数値
赤外線波長 3~7μmを主体とする
最高ヒーター制御温度 600℃

※使用環境、ヒーター仕様により、使用可能温度まで昇温できない場合があります。ヒーター温度とは、ヒーターに内蔵されたセンサーによる検出温度です。

セラミックヒーターとして世界最高水準「900℃」の最高温度「INFRACERAM」

インフラセラムの特長

  • セラミックヒーターで最高の900℃に対応
  • 均一加熱
  • 高精度の熱コントロール
  • 長寿命

インフラセラム単体
項目 性能数値
赤外線波長 2.5~7μmを主体とする
最高ヒーター制御温度 900℃(大型1,000W)
800℃(小型500W)

※使用環境、ヒーター仕様により、使用可能温度まで昇温できない場合があります。ヒーター温度とは、ヒーターに内蔵されたセンサーによる検出温度です。

わずか数十秒で 600℃到達。遠赤外線加熱の常識を変えたヒーター「INFRAQUICK」

インフラクイックの特長

  • 急昇温、急降温を実現
  • 高い放射率
  • 省エネ対策にも最適
  • 発火などのトラブルに対応可能

インフラクイック単体
項目 性能数値
赤外線波長 4~8μm を主体とする
最高ヒーター制御温度 600℃

※使用環境、ヒーター仕様により、使用可能温度まで昇温できない場合があります。ヒーター温度とは、ヒーターに内蔵されたセンサーによる検出温度です。

各種ヒーターの特性比較

ヒーター温度(MAX) ヒーター寸法 ヒーター昇温速度 特徴 用途(実績)
インフラスタイン
INFRASTEIN
600℃ 65W×250L
65W×125L
5~15分 長寿命 塗装一般
樹脂加熱、CFRP
インフラセラム
INFRACERAM
900℃
800℃
65W×250L
65W×125L
5~15分 業界最高温度 耐熱フィルム
ガラス
インフラクイック
INFRAQUICK
600℃ 125W×125L 40~50秒 秒速加熱 局部加熱
樹脂加熱

※使用環境、ヒーター仕様により、使用可能温度まで昇温できない場合があります。ヒーター温度とは、ヒーターに内蔵されたセンサーによる検出温度です。

インフラスタイン、インフラセラム、インフラクイックの利用分野

インフラスタイン、インフラセラム、インフラクイックの利用分野

加熱装置一覧

加熱装置(焼成炉・乾燥炉)に関するお問い合わせ

産業プロセス事業部営業部