アジア双信デバイス地域社会

地元高校の職場見学を受け入れ

2019年04月

双信電機のグループ会社、双信デバイス(宮崎県宮崎市)は、3月15日、鵬翔高等学校の県内企業職場見学に協力し、生徒16人を受け入れました。
この職場見学は、進路選択の参考としてもらうことを目的に、地域の高校生を対象に行っているものです。双信デバイスの受け入れ担当者は、会社紹介に続き、各生産工程の見学を実施。参加した生徒に業務をより深く理解してもらうため、分かりやすい説明を心掛けました。

生産課の社員(中央)が積層誘電体フィルタの生産工程を紹介  *双信電機の製品名称に合わせて、フィルタと表記しています

生産課の社員(中央)が積層誘電体フィルタの生産工程を紹介 *双信電機の製品名称に合わせて、フィルタと表記しています

会社概要を説明する経理課の社員(左)

会社概要を説明する経理課の社員(左)

製品を用いながら厚膜印刷基板の工程について説明する生産課の社員(左)

製品を用いながら厚膜印刷基板の工程について説明する生産課の社員(左)

一覧へ戻る