日本ガイシグループの社会貢献活動の考え方

活動の軸

「人・教育」、「環境」、「地域との関わり」を主要な活動軸とする。

  • 人・教育

    国際社会の発展に貢献する人材や、次世代を担う子どもたちを育成します。

  • 環境

    自然との共生に積極的に取り組み、地球環境の保全に貢献します。

  • 地域とのかかわり

    社会的課題に関心を持ち、地域の一員として魅力あるまちづくりに参画します。

会社活動と社員の関わり

  • 社員に活動を体験/実感できる機会を提供する。
  • 社員の満足感、会社への信頼感を醸成するために、会社が個人活動を積極的に認める。

情報発信

活動内容の理解を促進し、社員に社会貢献マインドが浸透するよう活動情報を提供する。

日本ガイシグループの
社会貢献活動レポート

エリアを選択してください。

レポート一覧

エリアの選択を解除

絞り込み:

もっと見る

TABLE FOR TWOへの取り組み

日本ガイシは、社員が気軽に参加できるボランティア活動として2010年9月からTABLE FOR TWO(以下、TFT)のプログラムに参加しています。社員食堂でヘルシーメニューを食べると、アフリカの子どもたちに給食1食分(20円)が寄付される仕組みで、日本ガイシ内のすべての食堂(4地区8食堂)で実施しています。
また、日本ガイシグループのNGKゆうサービス、NGKメテックス、NGKファインモールドでは、自動販売機を通じたTABLE FOR TWOプログラムに参加しています。

マラソンフェスティバルナゴヤ・愛知へのボランティア参加

日本ガイシは、地元で開催されるビッグイベントを盛りあげるため、マラソンフェスティバルナゴヤ・愛知に団体ボランティアとして参加しています。

子どもに科学の楽しさを伝えるサイエンスボランティア

日本ガイシは、ものづくりに携わる企業として、次世代を担う子どもたちに科学の楽しさを伝えることを目的に、1997年から「NGKサイエンスサイト 家庭でできる科学実験シリーズ」を科学雑誌「ニュートン」などで紹介し続けています。
各地の科学イベントに出展し、社員ボランティアがこれらの実験を実演しています。

工場見学のご案内

社会貢献活動に関するお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら