アジア日本ガイシ地域社会

青少年のための科学の祭典で実験を紹介

2018年10月

10/6・7に名古屋市科学館で開催された「青少年のための科学の祭典2018・名古屋大会」に今年も協賛するとともに、実験ブースを出展しました。
社員14人がボランティアとして参加し、当社ブースでは「NGKサイエンスサイト・家庭でできる科学実験シリーズ」から4つの実験を紹介。プラスチックビーズを利用した超高速ビーズ加速器を組み立て、その原理を来場者に体感してもらったほか、高吸水性ポリマーと水を利用した光の屈折の実験などを行いました。
当社ブースには2日間で約200組以上の家族が訪れ、「夏の自由研究にぜひ利用したい」「これらの実験が気軽に自宅でできるなんて驚いた。子どもはこういう実験が好きだからうれしい」など来場者からさまざまな感想が寄せられました。
今回の実験のうち3つは、9/15・16に東京工業大学で開催された第28回英国科学実験講座「クリスマスレクチャー2018」(読売新聞社主催)でも、来場者に披露されました。

大勢の子どもや家族連れが訪れ、ブースは大忙し

ボランティアとして参加した社員

大人気の実験。鉄球、プラスチックビーズや磁石などを利用して運動エネルギーの強弱を体感する「超高速ビーズ加速器」

一覧へ戻る