アジアNGKオホーツク環境保全

地域の環境保全に協力

2017年09月

NGKオホーツク(NOK)の社員11人が、網走湖畔のミズバショウ群生地の保全に取り組む「網走湖・水と緑の会」の活動に協力し、群生地の草取りや整備を行いました。
参加した社員は来年春のミズバショウの開花に備え、草刈り機や鎌などを使って高く茂った草を刈り取ったほか、草や流木を利用して水辺を整備しました。
NOKは春と秋の年2回行われるこの活動に8年前から参加し、群生地の景観維持や湿地帯の環境保全に努めています。

参加したNOKの社員たち

参加したNOKの社員たち

草刈り機を背負い、群生地の草を刈り取る社員

草刈り機を背負い、群生地の草を刈り取る社員

一覧へ戻る