アジア日本ガイシ教育

陸前高田市の中学生の職場体験に協力

2017年01月

当社は、今年も名古屋市教育委員会が行う陸前高田市の中学生の職場体験に協力しました。同市の中学生2人が本社を訪れ、社長と歓談しました。その後AC工場でハニセラムの窯出し作業などを体験してもらいました。名古屋市は2011年から、東日本大震災で甚大な被害を受けた陸前高田市に職員を派遣するなど「丸ごと支援」を継続しています。

1日職場体験に訪れた第一中学校の伊東大地さん(右)と高田東中学校の佐藤璃々加さん。大島卓社長は二人に「グローバルに活躍できるよう、英語の勉強をがんばってほしい」と激励しました

1日職場体験に訪れた第一中学校の伊東大地さん(右)と高田東中学校の佐藤璃々加さん。大島卓社長は二人に「グローバルに活躍できるよう、英語の勉強をがんばってほしい」と激励しました

ハニセラムの詰出工程で窯出し作業を体験する佐藤さん。「お客さまに渡すものなので、丁寧に扱わないといけないと思うと緊張します」と製品を一つひとつ注意深く確認し、等間隔に並べる

ハニセラムの詰出工程で窯出し作業を体験する佐藤さん。「お客さまに渡すものなので、丁寧に扱わないといけないと思うと緊張します」と製品を一つひとつ注意深く確認し、等間隔に並べる

並べ終わり、5段に積み上がった焼成後の製品を台車に載せて移動する伊東さん。社員の窯出し作業の早さに驚いていた

並べ終わり、5段に積み上がった焼成後の製品を台車に載せて移動する伊東さん。社員の窯出し作業の早さに驚いていた

体験当日だけ有効な「AC工場 第3製造G 詰出係」と書かれた自分の名刺をもらいすっかり気分は社会人。「緊張したが、世界のどこかの人に役立っていると思うと、想像力と視野が広がった」と伊東さん

体験当日だけ有効な「AC工場 第3製造G 詰出係」と書かれた自分の名刺をもらいすっかり気分は社会人。「緊張したが、世界のどこかの人に役立っていると思うと、想像力と視野が広がった」と伊東さん

職場体験を受け入れたAC工場の皆さんと記念撮影

職場体験を受け入れたAC工場の皆さんと記念撮影

一覧へ戻る