アジアNGKオホーツク環境保全

ミズバショウ群生地の整備

2015年08月

北海道網走湖畔での「ミズバショウ群生地の草刈り(網走湖・水と緑の会主催)」に、NGKオホーツクの社員8人が参加しました(6年目の参加、毎年、春と秋に実施)。社員たちは持参した草刈機や鎌、鍬を使い、市民参加者と一緒に群生地や道路沿いの草刈りを行いました。また、ミズバショウの生育に適した湿地にするため、刈り取った草や流木を利用して水辺の整備や側溝の土留め作業も行いました。

■参加者の感想
群生地脇の水路は、夏にはホタル、秋には鮭の遡上が見られる自然豊かな名所です。来年の春もミズバショウが咲き誇るよう、これからも環境保全に協力していきます。

ミズバショウ群生地の整備

ミズバショウ群生地の整備

ミズバショウ群生地の整備

一覧へ戻る