エネルギープラント関連設備

ドライブラスト除染装置

概要

ドライブラスト除染装置は金属廃棄物の表面汚染を除去するもので、簡易な運転操作で大量の廃棄物を処理することができます。

本装置は、研削材を再生・再利用するため、高い除染性能を維持しつつ二次廃棄物発生量をきわめて少なくできます。

実規模大実証試験装置

実規模大実証試験装置

除染前廃棄物

除染前廃棄物

除染後廃棄物

除染後廃棄物

特長

種々の除染形態に対応
機械的除染のため、種々の汚染形態に対して除染が可能です。
廃液処理が不要
乾式除染法のため、廃液処理が不要です。
大量処理が可能
バレル回転式の容器と、インペラーの高速回転による研削材の投射方式を採用しているため、大量処理が可能です。
二次廃棄物の低減が可能
研削材を循環使用するため、二次廃棄物発生量を極めて少なくできます。
コンパクト化
各ユニットを一体化したコンパクト設計で、限られたスペースへの設置も可能です。

ドライブラスト除染装置の構造

ドライブラスト除染装置の構造

仕様

型式 投射+バレル式
処理対象 金属
除染係数 20
ブラスト材 鋳鉄グリッド
最大処理重量 3,000kg/回
最大処理容量 1,000L/回
処理時間 10~30分/回

エネルギープラントに関するお問い合わせ

産業プロセス事業部営業部

  • エネルギープラント営業所 052-872-7766 FAX:052-872-7985