自動車排ガス浄化用セラミックス

ディーゼルエンジン排ガス浄化用セラミックス

ディーゼルエンジン排ガス浄化用セラミックス

概要

ハニカムセラミックスの技術を活用、ディーゼルエンジンから排出される微粒子捕集用フィルターを開発しました。

ディーゼル・パティキュレート・フィルター(DPF)は、ハニカムセラミックスの両端を交互に塞ぐことで、セラミックスの薄壁をフィルターとして使用するものです。

日本ガイシは、コージェライト材料、及びSiC(炭化ケイ素)材料の2種類のDPFを量産している唯一のメーカーです。

特長

ディーゼルエンジン排ガス浄化用セラミックス

DPFは耐熱性に優れたセラミックスで作られているため、加熱することで溜まった黒煙微粒子を燃焼して取り除くことができ、捕集性能が維持できます。

このフィルターで、ディーゼル排ガスの黒煙微粒子を90%以上も除去することが可能です。

製品ラインナップ

触媒用セラミック担体「大型ハニセラム」

触媒用セラミック担体「大型ハニセラム」

大型商用車のディーゼルエンジン排ガス中に含まれるPM(粒子状物質)を除去する酸化触媒の担体として使用されます。製品詳細へ

SiC製ディーゼル・パティキュレート・フィルター

SiC製ディーゼル・パティキュレート・フィルター

コージェライト製よりさらに耐熱性に優れているため、乗用車などの厳しい使用条件に適しています。製品詳細へ

コージェライト製ディーゼル・パティキュレート・フィルター

コージェライト製ディーゼル・パティキュレート・フィルター

SiC製に比べて比重が軽く、昇温性に優れ、連続再生に適した材料です。また大型化した場合製品が軽量化できるため主にトラック用途に使用されています。 製品詳細へ

自動車排ガス浄化用セラミックスに関するお問い合わせ

セラミックス事業本部営業統括部営業部