製品情報

ディーゼル・パティキュレート・フィルター(DPF)

概要

ディーゼル・パティキュレート・フィルター(DPF)

PM2.5※1に代表される超微小粒子のPMを排出個数で規制するPN※2規制への関心が、ヨーロッパを中心に高まっています。日本ガイシは乗用車向けから大型商用車向け、特殊車両向けまで幅広いディーゼル車のPM除去に最適のセラミックスを製品化しています。

DPFはディーゼル車から排出される粒子状物質(PM)を取り除く製品です。

エンジン側から流入した排ガスは出口側で行き止まりとなるため、流路を隔てるセラミックスの多孔質の壁を通り抜けます。排ガスが壁を通り抜けるときにPMが90%以上除去され、清浄なガスとして排出されます。PMがある程度堆積すると加熱燃焼させて高い捕集性能を維持します。

  • ※1PM2.5:2.5マイクロメートル以下のPM
  • ※2PN:Particulate Number(=PM粒子数)

特徴

コージェライト製DPF

コージェライト製DPF

SiC製に比べて比重が軽く、昇温性に優れ、連続再生に適した材料です。また大型化した場合、製品が軽量化できるため、主にトラック用途に使用されています。

日本ガイシのコージェライト製DPFには、圧力損失を低減するため、セル構造の最適化と高気孔率の材料を開発、実用化しています。

SiC製DPF

SiC製DPF

コージェライト製より耐熱性に優れているため、乗用車などの厳しい使用条件に適しています。

日本ガイシのSiC製DPFには、Si結合SiC材料が使われています。この材料は、再結晶SiC材料に比べて、耐熱衝撃性が高い、高気孔率化が比較的容易などの長所があります。

自動車排ガス浄化用セラミックスに関するお問い合わせ

セラミックス事業本部営業統括部営業部