ガソリンエンジン排ガス浄化用セラミックス

ガソリン・パティキュレート・フィルター(GPF)

概要

ガソリン・パティキュレート・フィルター

GPFは直噴ガソリンエンジンから排出されるPMを除去するコージェライト製のセラミックフィルター。2014年からヨーロッパでディーゼル車に加えガソリン車でも粒子状物質(PM)の排出個数規制が始まり、今後の規制強化に伴って需要拡大が見込まれる製品です。

特長

日本ガイシのGPFの強みは、優れた通気性です。排ガスの流れを妨げると車の燃費低下につながります。燃費向上を求める市場ニーズに応え、セルの薄壁の気孔率をさらに高めたGPFの開発も進めています。その一方で、PMを逃さずキャッチする捕集性能や、高温高圧の排ガスにさらされても破損しない強度も兼ね備えています。

長年培ってきた成形技術、気孔のサイズやつながり方を厳密にコントロールする材料技術で、通気性、それと相反する捕集性能や強度とのベストバランスを割り出しています。

自動車排ガス浄化用セラミックスに関するお問い合わせ

セラミックス事業本部営業統括部営業部