サステナビリティ

ステークホルダーとともに

基本方針

ステークホルダーとのコミュニケーション

NGKグループは、お客さま、取引先、株主・投資家、地域社会の皆さま、行政・国際機関、大学・研究機関、従業員に対する当社グループの理解を促進するとともに、全てのステークホルダーとの対話を通じて活動や取り組みを継続的に改善しています。

NGKグループとステイクホルダーとの関わりを示した図です。お客さま、取引先、株主・投資家、地域社会の皆さま、行政・国際機関、大学・研究機関、従業員がNGKグループを取り巻いています。

基本的な考え方

2019年1月に改定した「NGKグループ企業行動指針」では、ステークホルダーとのコミュニケーションに関連する、「企業情報の開示と説明」の項目で、次のように定めています。

<ステークホルダーへの対応>

ステークホルダー 対応 コミュニケーション(目的) コミュニケーション(手段)
お客さま お客さまからの信頼を獲得・維持するために、長期的かつグローバルな視点に立ち、地球環境の保全と社会の安全・安心を実現する商品やサービスの提供を通じて、新たな価値の創造に取り組みます。
  • CS向上
  • 品質向上
  • 公式HP
  • お問い合わせ窓口
  • 展示会への参加
  • オープンイノベーションの実施
調達パートナー NGKグループは、「門戸開放」「共存共栄」「社会的協調」を調達の基本方針として、サプライチェーンを構成する調達パートナーの皆さまとともに公正、自由、透明な取引に努めています。また、「取引先ヘルプライン」を設置し、重要なお問い合わせを見逃さずに対応することで、公正な取引関係の維持に努めています。
  • 公正、自由、透明な取引の実現
  • 取引先企業と情報交換
  • より良いサプライチェーンの構築
  • 業績説明会
  • 取引先ヘルプライン
  • 国内外の取引先個別訪問
株主・投資家 経営情報、財務情報、商品・サービスに関する情報など、適時適切な情報開示に努めるとともに、対話を通じて期待にお応えし、企業価値の向上を目指します。
  • 企業価値向上
  • 株主総会
  • 説明会
  • 訪問・個別面談
  • IR関連イベントへの参加
  • 社会的責任投資(SRI)への対応
  • 公式HP
従業員 NGKグループは、従業員の人間性を尊重し、安全で働きやすい職場環境づくりに努めています。また、一人ひとりが公平な処遇のもとで能力を最大限発揮できるよう、人材の成長を支援します。
  • 従業員の人間性尊重
  • 安全で働きやすい職場づくり
  • 職場環境、ESの調査
  • 理念・方針の浸透
  • 社内報
  • 英語版社内報「Global MIZUHO」
  • ビデオニュース
  • 社内イントラネット
  • 労使懇談会/労使協議会
  • 組織活性度調査
  • CRS(Corporate Risk Survey)調査
  • CSR推進項目期待度アンケート
  • ヘルプライン
  • ホットライン
地域社会 各国、地域の社会的課題に関心を持ち、地域に信頼される企業市民であることを目指して、地域のニーズに応じた社会貢献活動に積極的に取り組んでいます。
  • 信頼される企業市民として地域に根ざす
  • NPOなどとの協働活動
  • 従業員のボランティア活動
  • 労働組合と協調した社会貢献活動
  • 工場見学/イベントへの招待
行政・国際機関 ともに社会課題解決を目指す主体として協力しあうため、国際的イニシアチブなどへ積極的に参加しています。
  • 社会課題解決への取り組み促進
  • 国際的なイニシアチブへの参加
大学研究機関 産学連携による研究・教育活動を通して、科学技術の発展や社会課題解決に貢献する技術の開発などを進めています。
  • 科学技術の発展
  • 社会課題解決に貢献する技術の開発
  • 共同研究