サステナビリティ

ESGマネジメント

NGKグループは、国連が採択した「持続可能な開発目標(SDGs)」(Sustainable Development Goals)を念頭に独自の技術で新しい価値を提供することにより、持続可能な社会の実現に貢献し、社会の皆さまからの期待と信頼を得たいと考えています。また、NGKグループで働く全員が、人権尊重、コンプライアンスを実践できるよう、公正な価値観や国際的な判断基準に従って行動していきます。

ESG推進体制

NGKグループは、ESGを経営の中心に位置づけています。海外でのビジネスが拡大する中、経営の透明性と自律性を高めるべく、グループで働く全員が公正な価値観や国際的な水準の判断基準にしたがって行動できるよう環境整備を進めます。
2019年4月に経営レベルでの情報共有・意見交換・方針議論を行う機関として「ESG会議」を設置したことに続いて、当社グループのESGに関する活動を横断的に取り扱い、その情報発信を強化するため、2021年4月に「ESG推進統括部」を設置しました。

ESG推進体制図

ESG推進体制を表した図です。社長を議長とするESG会議のもと、7つの委員会でESG課題を議論していきます。

2020年度ESG会議の活動実績

開催日 議題
第1回 2020.4.27
  • 2020年度活動方針、重点テーマの決定
第2回 2020.7.7
  • 外部有識者によるESG講演会
  • ガバナンス体制について
第3回 2020.9.25
  • NGKグループ環境ビジョン策定について
  • ガバナンス体制について
第4回 2020.10.29
  • 社会貢献活動について
第5回 2020.12.22
  • ESG情報の開示と統合報告書(NGKレポート2021)について
  • SDGs視点からの研究開発テーマ評価について
  • ESG活動に関する設備投資集計について
  • カーボンニュートラルに向けた設備投資促進について
第6回 2021.2.25
  • 取締役会、経営会議の運営について
  • 温暖化タスクフォース報告
第7回 2021.3.19
  • NGKグループ環境ビジョンおよび新環境行動5カ年計画について
  • NGKグループ人権方針策定について

ESG活動の重点テーマ

2021年度第1回ESG会議で今年度のESG推進における重点テーマを決定しました。

重点テーマ 主な取り組み 取り組みの主体
カーボンニュートラル
  • CCU/CCS(CO2の回収・利用・貯蔵)市場における事業拡大、新製品開発の推進
  • CO2排出ネットゼロに向けたICP、省エネ、燃料転換、再生可能エネルギー活用
  • カーボンニュートラルプロジェクト
気候変動対策
  • TCFDの具体的行動(ガバナンス、戦略、リスク管理)
  • タスクフォース設置
ガバナンス体制の刷新
  • 取締役会の監督機能強化
  • コーポレートガバナンス・コード対応
  • タスクフォース設置
サプライチェーン展開
  • CSR調達の展開
  • 人権活動の推進
  • タスクフォース設置
社会貢献活動
  • グループ内の社会貢献活動推進
  • タスクフォース設置

タスクフォース:複数の担当部門で構成するプロジェクト組織

国連グローバル・コンパクトに署名

NGKグループは、国連が提唱する企業の自主行動原則「グローバル・コンパクト」に署名しています。国連が採択した「持続可能な開発目標(SDGs)」(Sustainable Development Goals)などを指標に、事業活動を通じて幅広く社会課題の解決に貢献することが、重要な社会的責任であると考えます。

国連グローバル・コンパクトは、企業・団体が社会の良き一員として行動することで、持続可能な成長を実現するための世界的な枠組みです。

国連グローバル・コンパクトのロゴマークです。

SDGsについての考え方

NGKグループは創立以来、きれいな空気や水を守り、より快適な暮らしを届けるための事業を「エネルギー」「エコロジー」「エレクトロニクス」の領域で展開しています。NGKグループの技術や製品には、SDGsに貢献しているものが数多くあり、今後も独自のセラミック技術を活かしてサステナブルな社会の実現に向けた新しい価値を提供していきます。

SDGsのロゴマークです。