C1[シー・ワン]ファインセラミックフィルター採用 次世代浄水器
日本ガイシ トップページへ
クッキング水がおいしければ、料理もおいしくなる!C1の浄水を使って手軽にできる料理をご紹介します。
ホーム > クッキング > あべみえこ先生 > アンダルシアのガスパチョ

アンダルシアのガスパチョ

ガスパチョとは「びしょびしょにぬれたパン」の意。
スペインのフライパンと呼ばれる灼熱の地アンダルシアでは、よく冷えたガスパチョが毎日の食卓に欠かせません。

アンダルシアのガスパチョ

よく冷やすのがポイント。
好みで、トマト、キュウリ、緑ピーマン、玉ねぎ、ゆで卵、パンの角切りなどを浮かべても美味。

材料(4人分)

  • ババケット(乾燥させる)・・・1/4本(12cm)
  • パプリカピーマン(赤)・・・1個
  • トマト・・・2個
  • きゅうり・・・1本
  • セロリ・・・1本
  • にんにく・・・1片
  • オリーブ油・・・大さじ2
  • パプリカ・・・小さじ1/2
  • ワインビネガー・・・大さじ2
  • 冷水・・・カップ2と1/2
  • 塩小さじ1強、こしょう少々

作り方

  1. バケットは、おろしてパン粉状にする(前日食べ残したバケットなどを利用)。
  2. パプリカピーマンは種を除いてざく切り、トマトは皮をむいてざく切り、きゅうり、セロリもざく切りにする。
  3. (2)の材料すべてをミキサーにかけ、全体が混ざったら(1)のパン粉を加えてさらにミキサーにかけ、冷蔵庫で30~45分冷やす。
  4. にんにくはおろしてボールに入れ、オリーブ油、パプリカ、ワインビネガーを加えてよく混ぜる。
  5. (3)を冷蔵庫から取り出し、(4)と冷水を加え、塩、こしょうで味をととのえ、食べる直前まで冷やしておく。

レシピ一覧へ