先輩紹介

ホーム > 先輩紹介 > 生産技術・製造プロセス > 金子 公久

考える人になる

金子 公久 2006年入社

所属

製造技術本部 製造技術統括部 製造技術1部 セラミックス要素技術グループ サブマネージャー

出身学科

構造エネルギー工学専攻

入社動機と、これまでの職歴

技術展開力に惹かれて

学生時代は水圏環境研究室に所属していたため、就職活動で会社選びをする際、「環境に貢献できること」が一つの条件でした。さらに、色々なことを知りたいと考えていたので、幅広い技術を身につけることができそうな会社を選ぶよう心がけました。環境貢献性を謳っている会社は数多くありましたが、その中でも日本ガイシは、碍子からスタートし、電力製品、セラミック製品、電子部品、浄化関連装置と自社技術を広く展開しており、その技術の幅広さに惹かれ入社を決意しました。
とは書いたものの、基本的に自分の優先順位に従って会社を選んでいきました。学生のうちに描ける理想の社会人像には限界もあります。そのため、自分なりの優先順位(仕事内容、給料など)に従って素直に会社を選ぶのが一番だと思います。入社後は製造技術本部に配属され、次世代製造技術開発、現行製品の工程改善を行っています。

現在の私の仕事

“ものづくり”の全体を見渡せる

私が所属する製造技術本部は、製品を作るために必要な技術開発をする部署です。そのため、“ものづくり”の全体を見渡せると言え、社内社外を問わず新たな技術に触れる機会に非常に恵まれた部署といえるでしょう。その中で、私が担当している業務は主に二つあります。
一つは、次世代製造技術の開発。新しい製品を作るため、現行の製品をより高精度に安く作れるようにするための方法を考えています。もう一つは、量産工程の改善です。製品を量産することができるようになっていても、より安く、より高精度に、より安全に生産することは現代産業の必須条件です。現在、私は2製品の量産工程改善を担当しています。どちらの業務も、ラボレベルでの検討→量産工程への適用が基本的な流れになります。

今までで一番印象に残っている仕事成功談・失敗談など

本当に素晴らしい技術とは

量産が迫ったある工程に、開発した新しい技術を組み入れようとした時のことです。技術的には、自信があったし、効果も確実に望めるものだと考えていました。残課題として、使用する薬品を法的な規制が緩いものにする必要がありました。ラボレベルの使用量に問題は無くても、量産で大量に使用するためには建物改築(防爆)が必要だったのです。よって、私達は様々な代替薬品の検討を行いました。その結果、法的に何ら規制されない薬品を見出すことができました。
しかしその薬品、法的には問題無くても、人体に大問題があるものと論文(医学論文だったので苦労しました)などを読むことで判明しました。そのため、結局その薬品は勿論使用不可。開発した工程もダメ。と、結局失敗に終わりました。どんなにすごい技術も、安全であったり、作業性であったり、実用化するための条件を満たさなければ本当に素晴らしい技術とは言えないことを、身をもって体験できた仕事でした。

これからの夢、NGKで私が実現したいこと

今までできなかったことができるように

今日まで技術開発をしてきた中で、小さなことでも今までできなかったことができるようになった瞬間や、新しいことが分かった瞬間はとても感動的で、業務時間の中で一番充実した瞬間だと思います。技術者として、今後もこのような瞬間に多く立ち会えれば良いと考えています。
現在業務に携わる中で、失敗した後に“もっとしっかり考えておけばなぁ”と思うことがあります。そういった予測できる失敗を回避して、より多くの充実した瞬間を体感できるように、より深く考える人になりたいと思っています。ちゃんと考えているなんて思わずにもっと深く、深く。
生産技術・製造プロセス一覧へ戻る生産技術・製造プロセス一覧へ戻る

日本ガイシ株式会社 新卒 総合職 採用情報