先輩紹介

ホーム > 先輩紹介 > 製品設計・商品開発 > 石井 紀子

エンジニアへ一歩一歩

石井 紀子 2011年入社

所属

セラミックス事業本部 センサ事業部 設計部 NOx開発グループ 主任

出身学科

航空宇宙工学専攻

入社動機と、これまでの職歴

縁(えん)

大前提に、ものを作る会社に入りたいと思っていました。大学時代に複合材料の研究を行っていたことが影響して、材料メーカーをまず選びました。さらに、グローバルに働きたいと考えていたので、海外展開している会社を選びました。どんなものを作りたいかと考えたところ、「人が生きていくのに豊かになれるようなもの」に行き当たりました。具体的に豊かになる、というのは、おいしい水が飲めるとか、いわゆる環境製品と呼ばれるものでした。私が希望した条件を満たす会社は複数あったかと思いますが、縁あって日本ガイシに入社することになりました。

現在の私の仕事

日々勉強

新製品の開発業務に携わっています。経験を積んだ先輩技術者の方とともに、コンセプトの構築や基礎データの積み上げ等、本当にゼロからの開発を経験させてもらっています。未熟さをひしひしと感じる環境ではありますが、必ずエンジニアとして自分を成長させてくれる環境でもあり、わくわくする仕事場です。

今までで一番印象に残っている仕事成功談・失敗談など

未熟な自分

ある試験を任されました。自分の知識で十分に実施可能と思っていたのですが、予備試験の結果を上司に見せると、この結果は妥当か、と問われました。「正しい測定が出来ている」と思い込んでいたので、妥当かどうかの検討に考え至っておらず、その問いには答えられませんでした。結局、試験を行った測定系に不備が見つかり、それ以降は皆が納得する妥当なデータを取ることができました。正確なデータをとることはエンジニアとして当たり前のことですが、それがぜんぜん出来ていなかったこと、データを取る以上データに関する責任は私にあることを実感し、それ以降実験に対する姿勢が変わりました。ちなみに、その試験で得られたデータにより、技術議論が活発に行われたことはとても嬉しかったです。

これからの夢、NGKで私が実現したいこと

エンジニアへ一歩一歩

入社前は、人が豊かになるようなものづくりをやりたいと思っていました。しかし、入社して数年経ち知識豊かな先輩や上司と仕事をすることで、まずはエンジニアと名乗れるようになりたいと思う気持ちの方が強くなりました。そうして、いつか自分が中心となって新しい製品作りに携わることが私の目標です。早いに越したことはないですが、一歩一歩着実に進んでいけたらと思います。
製品設計・商品開発一覧へ戻る製品設計・商品開発一覧へ戻る

日本ガイシ株式会社 新卒 総合職 採用情報