製品情報

高圧ピンがいし

概要

高圧ピンがいし

がいしは発電所で発電した電力を安定かつ安全に運ぶためになくてはならないものです。高圧ピンがいしは、電柱で配電線を支えるとともに、電柱と配電線とを絶縁し、電力の安全供給に重要な役割を担っています。
高圧ピンがいしは、がいし頂部又は側部の溝に配電線を金属線などで固定し使用されます。

特長

日本ガイシでは、使用環境に合わせ通常の高圧ピンがいし以外にも、耐塩形高圧ピンがいしや高圧中実がいし、高圧クランプがいしなども生産しています。
揺るぎない品質と技術力が、安全で確実な電力供給を支えています。

製品ラインアップ

高圧ピンがいし

1)外形・寸法

高圧ピンがいしの外形・寸法図

2)主要諸元

品番 BA-6-A
商用周波注水耐電圧 kV 22
雷インパルス耐電圧 kV 65
雷インパルスフラッシオーバ電圧 kV 80
商用周波油中破壊電圧 kV 90
曲げ耐荷重(1分間) kN 1.9
表面漏れ距離 mm 140
表面積 cm2 355
質量 kg 1.4
  • 本ページに記載されているがいし記号は、当社の製品の品番と各規格が定める製品の種類と対応関係を示す便宜上の目的で用いたものであり、当社製品の材料などが各規格に合致または準拠していることを示すものではありません。

送変配電用がいし・機器に関するお問い合わせ

エネルギーインフラ事業本部東京営業所