自動車排ガス浄化用セラミックス

触媒用セラミック担体「ハニセラム」テクニカルデータ

触媒担体設計の推移

近年の自動車排ガス規制強化に対応するために、壁厚の低減とセル密度の増大を進めた結果、触媒性能の大幅な向上が得られています。

生産開始年 1976 1979 1995 1996 1999 1999 1999
セル構造
mil/cpsi
12/300 6/400 4/400 4/600 3/400 3/600 2/900
壁厚ミクロン 300 150 100 100 75 75 50
セル数
セル/cm2
47 62 62 93 62 93 140
高密度
g/cm3
0.60 0.40 0.25 0.30 0.20 0.25 0.20
表面積
cm2/cm3
20 30 30 35 30 35 45

※「ハニセラム」は日本ガイシ株式会社の登録商標です。

この製品の概要は「製品情報」をご覧ください。

自動車排ガス浄化用セラミックスに関するお問い合わせ

セラミックス事業本部営業統括部営業部