サステナビリティ

価値創造

競争力の源泉

日本ガイシグループは創業以来、古くから伝わるセラミックの製造手法を最新の科学技術で見直し、製品ごとに、最適の工程条件の組み合わせを一つひとつ見いだしてきました。そうした技術やノウハウの100年に及ぶ蓄積が、当社グループの競争力の源泉です。

日本ガイシのコア技術

自動車排ガス浄化用触媒担体「ハニセラム」の製造に用いられる主要技術

均一な製品を作り続けるためには、ロットごとに性質がわずかに変わる原料に合わせて生産工程をコントロールするための解析・評価や、生産管理などの現場力が不可欠です。

詳しくはこちらを
ご覧ください。

NGKレポート2018 競争力の源泉(PDF)