アジア双信パワーテック教育

中学生の職場体験学習に協力

2018年06月

双信電機のグループ会社、双信パワーテック(宮崎県都城市)は、山之口中学校(同)2年生の職場体験学習に協力しました。
この職場体験は、工場での実習を通して働くことの意義や喜びを知ってもらい、今後の進路選択に役立ててもらうことを目的としています。
参加した生徒3人は、2日間にわたる実習で2つの部署を交代で体験。資材の受け入れを行う生産課では、部材の入出庫や伝票処理などを、受け入れ検査を担当する品質管理課では、入庫した部材の外観や寸法などの検査や個数の確認をそれぞれ体験しました。

実習前に品質についての勉強会を実施

実習前に品質についての勉強会を実施

興味津々で受け入れ検査を行う生徒

興味津々で受け入れ検査を行う生徒

一覧へ戻る