先輩紹介

ホーム > 先輩紹介 > 生産技術・製造プロセス > 阿部 唯人

勉強だけではなく、人々との出会いとコミュニケーションから喜びを感じる職場の魅力

阿部 唯人 2005年入社

所属

製造技術本部 施設統括部 生産システム部 制御グループ サブマネージャー

出身学科

電気電子工学専攻

入社動機と、これまでの職歴

はじめの出会いは「何となく」

私の大学での研究は情報通信でだったため、日本ガイシの主な事業内容とは全く無関係でした。説明会も何となく足を運んだつもりだったのですが、先輩技術者の説明を聞き、そこで初めて日本ガイシの魅力を感じました。まず、興味を持っていた環境問題に積極的に取り組んでいる会社であること、次に、幅広く仕事を任される会社であること、最後に、先輩技術者の方が活き活きと説明をしてくれたことが印象的で、当社を志望する決め手となりました。面接で「あなたの大学での成果をどのように活かしますか?」と質問されたときは、日本ガイシの事業と無関係な自分の研究内容を話すべきか焦りましたが、研究以外のアピールも効いたのか、こうしてなんとか入社することができました。
今は電気関係の仕事をしており、知識が少ない状態からのスタートでしたが、何とかなるものです。仕事内容だけに絞らずに就職活動するのもいいと思います。

現在の私の仕事

チームワークとコミュニケーション力が何よりも大切

私は、製品そのものを作る部署ではなく、製品を作るための設備を設計する部署に属しています。仕事内容は、電気関係の回路図面をCADで書いたり、設備を作るために必要な機器を選定したり、機械を動かすためのソフトウェアを作ったり、設備の試運転をしたりと、設備が生まれるまでの工程をほとんど担っており、とても幅広い内容です。設計は、パソコンを使ったデスクワークがメインです。機器の選定や依頼では、多くのメーカーの方と会話ができ、社会の先輩方と幅広くコミュニケーションを取ることができます。試運転では、実際に現場に入り、自分の設計した制御機能とソフトウェアの動作を確認します。
このように一つの分野に固執しない仕事内容が特徴であり、幅広い分野にわたってスキルアップができます。設備は私だけの力では成り立たず、機械の力と現場の経験があって初めて成り立つものです。よって私たちの仕事では、チームワークとコミュニケーション力が何よりも大切であると感じています。

今までで一番印象に残っている仕事成功談・失敗談など

海外で仕事ができる喜び

仕事の中で特に印象深いのは海外での試運転です。当社では海外で働く人の需要がものすごく高く、最近では1年目の新入社員が海外で活躍しています。私も2年目から海外を経験しました。何が大変かと申しますと、日本とは違う文化の中で業務をやり遂げなければならないことと、頼りになる先輩方がいないため、自分自身で判断しなければならないプレッシャーがあります。
以前出張していた中国では、全く日本の常識が通じず、ストレスのたまる日々が続きましたが、技術力も向上し非常に満足いくものでした。何年経っても失敗はしますが、失敗をすればするほど、新たな知識が得られるので、失敗を恐れず、前向きに仕事を行っていくことが大切であると考えています。

これからの夢、NGKで私が実現したいこと

ココなら楽しめると思う会社選び

今、企業は利益だけを求める時代ではありません。これからは、地域住民だけでなく、地球全体で共存していかなければならない時代です。私の夢は、自然と環境問題について真っ先に取り組んできた当社の技術力を活かすこと、そして、仕事で得た技術力で、地球の環境保護に大きく貢献できるような新しい設備を設計し、生み出すことです。私は、「今あるものだけでは満足できず、新しいものを作り出したい」という気持ちを抱いておりますが、まだ私には新しいものを考えられるような発想力と経験が不足していると考えています。そのため、堅実にそして確実に力を蓄え、もっと他分野にわたって仕事を経験し、この夢を実現したいと思っています。
また、仕事だけが人生ではありません。プライベートも楽しい人生を送りたいという目標を持っております。人生が楽しければ一番の幸せであり、それが夢の実現なのかもしれません。自分が希望する会社に入ったことを想像し、楽しめる未来像が映し出される会社をぜひ選んでください。
生産技術・製造プロセス一覧へ戻る生産技術・製造プロセス一覧へ戻る

日本ガイシ株式会社 新卒 総合職 採用情報