先輩紹介

ホーム > 先輩紹介 > 研究開発 > 神藤 明日美

目指すのは「なんでも来い!」の技術屋さん

神藤 明日美 2007年入社

所属

研究開発本部 基盤技術研究所 材料2グループ 主任

出身学科

物質理学専攻

入社動機と、これまでの職歴

モノづくりと人柄

大学の専攻をそのまま企業で活かすのは難しいと考えた私は、漠然とモノづくりに興味を持ち、当時実施されていた日本ガイシのインターンシップに参加しました。セラミックスは全くの無知でしたが、自分の手で作り、測り、改良する、そんなモノづくりの醍醐味に触れました。
就職活動ではいくつかの企業を回りましたが、最後に選んだのは日本ガイシでした。具体的な仕事のイメージが持てたということもありますが、インターン先はもちろん人事や工場の方など関わったすべての人が誠意と熱意をもって接してくれる。そんな風土に魅力を感じたからです。
入社以来研究所の材料グループでDPF、ハニセラム、水処理膜、静電チャック、ヒーターなど主にセラミックス事業部、HPC事業部の製品に用いる材料開発に携わっています。

現在の私の仕事

将来の会社、社会を支える技術の蓄積

私の所属する部署は、各事業部での原料粉の受入れや製品出荷の為の化学分析を担うのをはじめ、各種セラミック材料を評価する種々の装置と技術を保有しています。その中で私は粉体や焼結体の性状、組成評価に関する開発や調査を担当しています。
今後創出される製品はより微細かつ元素レベルの高度な組成制御が要求されることが多く、多様な社内ニーズに対応するための創意工夫が必要です。そのため、基本的なデータの蓄積はもちろん、外部にも広く知識を求めることを心がけています。

今までで一番印象に残っている仕事成功談・失敗談など

自分が作った材料

研究所の材料開発は、およそ手のひらサイズのテストピースで基本特性を評価し、結果の優れた物を段階を踏んでスケールアップさせていきます。
静電チャック関連の材料開発を担当していた時、自分で組成を決めた材料が現場の多く方の手を介し、初めて製品サイズで焼き上がって来た時の興奮に似た感覚は今でも忘れられません。しかし、サイズアップによりテストピースで発現した特性が得られなくなることもあります。基本ながら1つ1つ問題を把握し、克服していくことの大切さを実感しました。

これからの夢、NGKで私が実現したいこと

できるだけ早く

入社当初は本当に右も左もわからない状態で、実験ノートには覚えるべきことがビッシリでした。時間が経つにつれ、「次は~を試したい」、「~を調べる」といったメモ書きが増え、少しは自分で実験を進められるようになったかなと思います。
私の場合は仕事内容も変わり、今後更に吸収すべきことは増えるのですが、少しでも早く、材料開発の経験と解析技術の知見を活かし、開発にミートした評価手法の迅速な提案のできる技術者になっていきたいと思います。
研究開発一覧へ戻る研究開発一覧へ戻る

日本ガイシ株式会社 新卒 総合職 採用情報