製品情報

LPがいし

概要

LPがいし

がいしは発電所で発電した電力を安定かつ安全に運ぶためになくてはならないものです。LPがいしは、送電鉄塔で送電線を支えるとともに、鉄塔と送電線とを絶縁し、電力の安全供給に重要な役割を担っています。
LPがいしは、1本単独で送電線を固定するために使用されます。

特長

日本ガイシでは、送電電圧や使用環境などに合わせ、長尺で笠数の多いLPがいしも生産しています。
生産能力でも世界最大級を誇り、100カ国以上で採用されています。 揺るぎない品質と技術力が、安全で確実な電力供給を支えています。

製品ラインアップ

LPがいし

1)外形・寸法

LPがいしの外形・寸法図

2)主要諸元

品番 DA-
40066-E
DA-
60044-E
DA-
80169-A
DA-
80170-A
DA-
80171-A
DA-
80172-A
JIS規格、電力用規格がいし記号 LP-10 LP-20 LP-30 LP-40 LP-60 LP-70
公称電圧 kV 11 22 33 - 66 77
商用周波注水耐電圧 kV 37 55 75 95 135 155
雷インパルス耐電圧 kV 100 140 185 230 330 370
雷インパルスフラッシュオーバー電圧 kV 120 165 220 275 385 440
曲げ耐荷重 kN 7 7 7 7 7 7
最大使用曲げ荷重 kN 2.8 2.8 2.8 2.8 2.8 2.8
平均直径 mm 110 115 120 125 143 143
表面漏れ距離 mm 370 600 840 1,030 1,420 1,640
表面積 cm2 1,280 2,170 3,160 4,040 6,350 7,350
質量 kg 5.7 7.7 11.5 16.1 27.6 31.3
  • 本ページに記載されているがいし記号は、当社の製品の品番と各規格が定める製品の種類と対応関係を示す便宜上の目的で用いたものであり、当社製品の材料などが各規格に合致または準拠していることを示すものではありません。

送変配電用がいし・機器に関するお問い合わせ

エネルギーインフラ事業本部東京営業所