製品情報

長幹がいし

概要

送電線を支える長幹がいし

がいしは発電所で発電した電力を安定かつ安全に運ぶためになくてはならないものです。長幹がいしは、送電鉄塔で送電線を支えるとともに、鉄塔と送電線とを絶縁し、電力の安全供給に重要な役割を担っています。
長幹がいしは、送電電圧や使用環境などに合わせ数本連結して使用されます。

特長

長幹がいし

日本ガイシでは、送電電圧や使用環境などに合わせ、長尺で笠数の多い長幹がいしや、海岸付近や工業地域の汚損環境に対応した深ひだ長幹がいしも生産しています。
生産能力でも世界最大級を誇り、100カ国以上で採用されています。 揺るぎない品質と技術力が、安全で確実な電力供給を支えています。

製品ラインアップ

長幹がいし

1)外形・寸法

長幹がいしの外形・寸法図

引張破壊荷重 120kN 全数引張耐荷重 50kN

2)主要諸元

がいし記号 品番 Hmm 笠数 連結個数 耐電圧kV 雷インパルスフラッシュオーバーkV 平均直径mm 表面漏れ距離 有効長mm 表面積m2 投影面積m2 質量kg
商用周波注水 雷インパルス
LC-8005 CA-43202-A 385±8 5 1 50 145 170 115 510 221 1,840 0.05 10
LC-8007 CA-43203-A 485±10 7 1 70 195 230 115 740 321 2,660 0.06 12
LC-8010 CA-43204-A 585±12 10 1 95 245 290 115 1,020 421 3,680 0.07 14
LC-8013 CA-43205-A 725±15 13 1 120 320 380 115 1,350 561 4,870 0.09 18
2 230 645 760 115 2,700 1,122 9,740 0.18 36
LC-8017 CA-43206-A 875±18 17 1 150 400 470 115 1,750 711 6,300 0.11 22
2 290 800 940 115 3,500 1,422 12,600 0.21 44
3 410 1,175 1,380 115 5,250 2,133 18,900 0.32 66
LC-8021 CA-43207-A 1,025±21 21 1 180 470 560 115 2,140 861 7,720 0.13 26
2 350 950 1,120 115 4,280 1,722 15,400 0.25 52
3 490 1,395 1,640 115 6,420 2,583 23,100 0.37 78
4 625 1,830 2,160 115 8,560 3,444 30,800 0.49 104
LC-8024 CA-43208-A 1,175±24 24 1 210 550 650 115 2,470 1,011 8,900 0.15 29
2 405 1,105 1,300 115 4,940 2,022 17,800 0.29 58
3 575 1,615 1,900 115 7,410 3,033 26,700 0.43 87
4 715 2,120 2,500 115 9,880 4,044 35,600 0.57 116
  • 本ページに記載されているがいし記号は、当社の製品の品番と各規格が定める製品の種類と対応関係を示す便宜上の目的で用いたものであり、当社製品の材料などが各規格に合致または準拠していることを示すものではありません。

おすすめ製品

送変配電用がいし・機器に関するお問い合わせ

エネルギーインフラ事業本部東京営業所