産業用機器・装置

ディーゼル発電機用黒煙除去装置

ディーゼルエンジンの黒煙対策は万全ですか?セラレックシステムならディーゼルの排ガスを99%以上除去できます。

概要

装置内部にセラミックフィルターを使用し、高温のディーゼル排ガスでも問題なく集塵できます。除去性能は99%以上です。

地下鉄、下水ポンプ場、離島の発電所(IPP設備)、船舶など、様々な分野において実績があります。長寿命でメンテナンスフリー、難しい操作も不要です。装置はコンパクトで狭いスペースでも設置可能です。

特長

セラレック 高さ500mm 幅150mm

セラレックシステムを導入することで、排ガス温度を下げずに集塵ができます。
セラミックスの総合メーカー・日本ガイシの技術を駆使して生まれた高温集塵装置「セラレック」。
ハニカム構造を採用することで、省スペースでも分離能力が高く、効率的に製品を集塵することができます。

高温で処理可能
フィルター耐熱温度900℃、耐熱衝撃性が高い。フィルター火災なし。
コンパクト
ハニカム形状フィルターにより装置のコンパクト化を実現。
高集塵効率
ダスト集塵効率99%以上可能。
ロングライフ
フィルターは耐蝕性に優れ、ロングライフ。

排ガス黒煙除去システムフロー

NGKセラレックシステムの「ディーゼル発電機黒煙除去装置」を設置するだけで、排ガスを99%以上除去できます。

排ガス黒煙除去システムフロー

集塵の仕組みをムービーで見る(2:28)

mp4ファイル(15.0MB)

集塵の実際をムービーで見る(1:28)

mp4ファイル(13.5MB)

ソリューション

ディーゼルエンジンの排ガスには健康被害(喘息、肺がんなど)を起こさせる物質が含まれており、トラック・バスなどを中心とした自動車につきましては規制強化されており、対策は時代の要請ともいえます。
また、近隣家庭の洗濯物や自動車の屋根に煤が堆積するなどの苦情につながることもあります。

黒煙排出状況

ディーゼル発電機は経済的に優れており、信頼度の高い技術ではありますが、ガソリンエンジンに比べ、Noxや, 黒煙が多く排出されます。現在、法律上では問題ない非常用ディーゼル発電機もディーゼルエンジンから排出される黒煙(すす)が視界を悪くしたり、建物や自動車、洗濯物に付着して汚れの原因になるなど生活環境への影響が問題となっております。
セラレックはこれらの問題を解決します。

さらに詳しい情報は「テクニカルデータ」をご覧ください。

高温ガス集塵装置に関するお問い合わせ

産業プロセス事業部営業部