製品情報

ベリリウム銅の製品概要

製品タグ:

(1)ベリリウム銅の特長

ベリリウム銅は、強度、導電性、加工性、疲労特性、耐熱性、耐食性を兼ね備えた銅合金です。
コネクター、スイッチ、リレーなどの幅広い用途に使用されています。
用途に適した合金・質別のバリエーションを取り揃えており、条・板・棒・線での供給が可能です。

強度

析出硬化により、最高1500N/mm2もの引張強さを実現し、ばね材料として高い曲げ応力に耐えます。

加工性

時効硬化処理前の「時効材」は複雑な成形加工が可能です。
加工後の熱処理が不要な「ミルハードン材B方式、S方式」は強度と成形性のバランスが優れた材料です。

導電性

合金・質別により、約20〜70%IACSもの導電率を有するため、高電流密度を必要とする部品に利用されています。

疲労特性

繰り返し動作に対する疲労特性が優れているため、長寿命・高信頼性が要求される部品に使用されています。

耐熱性

高温環境下でも応力緩和率が小さいため、広い温度範囲で使用できます。

耐食性

銅合金の中では洋白についで耐食性に優れ、環境による腐食変化の少ない材料です。

(2)ベリリウム銅の化学成分(合金別)、物理的特性(合金別)

化学成分

合金名(NGK) 化学成分(wt%) 主な特徴 形状
25 Be
Ni+Co
Ni+Co+Fe
Cu+Be+Ni+Co+Fe
1.80-2.00
0.20min.
0.6max.
99.5min.
高強度
耐疲労性
高導電性
耐摩耗性
非磁性
板・条
棒・線
鍛造材
8・11 Be
Ni
Cu+Be+Ni
0.20-0.60
1.40-2.20
99.5min.
高導電性
耐疲労性
高強度
非磁性
7 Be
Ni+Co
Al
Cu+Be+Ni+Co+Al
0.20-0.40
1.80-2.50
0.6max.
99.0min.
板・条

物理的特性

項 目 25合金 8・11合金 7合金
融解開始温度   865 1004 1050
凝固開始温度   980 1070 1081
密度 g/cm3 at 20℃ 8.26 8.75 8.71
比熱 J/(kg・K) at 20℃ 419 419 419
熱膨張係数 /℃ at 20〜300℃ 17.8×10-6 17.6×10-6 17.6×10-6
熱伝導率 W/(m・K) at 20℃ 83.7-130 167-260 148-194
電気伝導率(導電率) %IACS at 20℃ 25 63・55 38
縦弾性係数 kN/mm2   127 132 127
横弾性係数 kN/mm2   49 52 49
ポアソン比     0.3 0.3 0.3
透磁率 μ(μ=1+4πk)   1.000042 1.000031 1.000027

(3)高強度材(25合金)の特性、寸法公差

板・条の特性

合金名 質別 記号 ※8 引張試験 ※1 硬さ試験※2 導電率
※3
(%IACS)
熱処理条件
引張強さ(N/mm2 0.2%耐力(N/mm2 伸び(%) ビッカース
HV(0.5以上)
25 時効材 ※6 ■時効硬化処理前
O C1720P-O・C1720R-O 410 - 540 - 35以上 90 - 160 - -
1/4H C1720P-1/4H・C1720R-1/4H 510 - 620 - 10以上 145 - 220 - -
1/2H C1720P-1/2H・C1720R-1/2H 590 - 695 - 5以上 180 - 240 - -
H C1720P-H・C1720R-H 685 - 835 - 2以上 210 - 270 - -
■時効硬化処理後
OT C1720P-OT・C1720R-OT 1100 - 1380 ※4 960以上 3以上 350 - 400 22以上 315℃×3h
1/4HT C1720P-1/4HT・C1720R-1/4HT 1180 - 1400 ※4 1030以上 2以上 360 - 430 22以上 315℃×2.5h
1/2HT C1720P-1/2HT・C1720R-1/2HT 1240 - 1440 ※4 1100以上 2以上 370 - 440 22以上 315℃×2h
HT C1720P-HT・C1720R-HT 1270 - 1480 ※4 1140以上 1以上 380 - 450 22以上 315℃×2h
ミルハードン材 ※6(標準) OM C1720P-OM・C1720R-OM 685 - 885 ※5 480以上 18以上 220 - 270 20以上 -
1/4HM C1720P-1/4HM・C1720R-1/4HM 735 - 930 ※5 550以上 10以上 235 - 285 17以上 -
1/2HM C1720P-1/2HM・C1720R-1/2HM 815 - 1010 ※5 650以上 8以上 260 - 310 17以上 -
HM C1720P-HM・C1720R-HM 910 - 1110 ※5 750以上 6以上 295 - 345 17以上 -
XHM C1720P-XHM・C1720R-XHM 1100 - 1290 ※5 930以上 2以上 340 - 390 17以上 -
XHMS C1720P-XMHS・C1720R-XMHS 1210 - 1400 ※5 1030以上 2以上 360 - 410 17以上 -
ミルハードン材 ※6
B方式(成形性 良)
OMB C1720P-OMB・C1720R-OMB 640 - 760 ※5 480 - 660 16以上 190 - 250 16以上 -
1/4HMB C1720P-1/4HMB・C1720R-1/4HMB 760 - 830 ※5 550 - 760 15以上 215 - 280 16以上 -
1/2HMB C1720P-1/2HMB・C1720R-1/2HMB 830 - 930 ※5 660 - 860 12以上 255 - 310 16以上 -
HMB C1720P-HMB・C1720R-HMB 930 - 1030 ※5 760 - 930 9以上 280 - 340 17以上 -
XHMB C1720P-XHMB・C1720R-XHMB 1070 - 1210 ※5 930 - 1170 4以上 330 - 390 17以上 -
XHMSB C1720P-XMHSB・C1720R-XMHSB 1210 - 1310 ※5 1030 - 1240 3以上 360 - 410 20以上 -
ミルハードン材 ※6 ※7
S方式(成形性 最良)
HM - TypeS C1720P-HM-TypeS・C1720R-HM-TypeS 960以上 790 - 940 9 - 25 285 - 370 17以上 -
XHM - TypeS C1720P-XHM-TypeS・C1720R-XHM-TypeS 1060以上 930 - 1070 6 - 22 315 - 395 17以上 -
  • ※1引張強さ、0.2%耐力、伸びは0.1mm以上に適用する。
  • ※2ビッカースHVは0.1mm以上に適用する。
  • ※3導電率は設計上の参考値とする。
  • ※4時効硬化処理後の引張強さの上限は、設計上の参考値とする。
  • ※5ミルハードン材の引張強さの上限は、設計上の参考値とする。
  • ※6成形性に関しては「ベリリウム銅の実力(2)成形性」参照。
  • ※7S方式は特殊仕様品のため、本製品をご要望の際はご相談ください。
  • ※8表中Pは板、Rは条を示す。

板・条の寸法公差

板厚公差(単位:mm)

厚さ 許容差
0.050 以上 0.08以下 ±0.004
0.08を超え 0.1以下 ±0.005
0.1を超え 0.15以下 ±0.006
0.15を超え 0.2以下 ±0.008
0.2を超え 0.25以下 ±0.010
0.25を超え 0.4以下 ±0.015
0.4を超え 0.55以下 ±0.020
0.55を超え 0.7以下 ±0.025
0.7を超え 0.9以下 ±0.030
0.9を超え 1.2以下 ±0.035
1.2を超え 1.5以下 ±0.045
1.5を超え 2.0以下 ±0.050
  • 許容差を(+)または(−)だけ指定する場合は上記数値の2倍とする。
    定尺品の公差に関しては別途ご相談ください。

長さ公差(単位:mm)

厚さ 許容差
長さ:1200以下
0.05以上 0.55以下 +8
−0
0.55を超え 2以下 +10
−0

板幅公差(単位:mm)

厚さ 許容差
形状:板 形状:条
幅:200以下 幅:100以下 幅:100を超え200以下
0.05以上0.55以下 +2
−0
±0.1 ±0.2
0.55を超え2以下 +2
−0
±0.2 ±0.3
  • 許容差を(+)または(−)だけ指定する場合は上記数値の2倍とする。

条の曲がりの最大値(単位:mm)

最大値(任意の個所1000につき)
4以上 13 以下 4
13を超え 50以下 3
50を超え 100以下 2
100を超え 200以下 1
曲がりの最大値の図

(4)高電導材(8・11合金)の特性、寸法公差

板・条の特性

合金名 質別 記号 ※5 引張試験 ※1 硬さ試験 ※2 導電率
※3
(%IACS)
引張強さ
(N/mm2
0.2%耐力(N/mm2 伸び(%) ビッカースHV(0.5以上)
8 1/2HT BeCuP08-HT・BeCuR08-1/2HT 650 - 800 ※4 550以上 10以上 180 - 230 60以上
HT BeCuP08-HT・BeCuR08-HT 700 - 870 ※4 600以上 5以上 210 - 260 60以上
11 HT BeCuP11-HT・BeCuR11-HT 760 - 965 ※4 655以上 5以上 230 - 280 50以上
SHC BeCuP11-HT・BeCuR11-SHC 930 - 1070 ※4 850以上 5以上 280 - 330 45以上
  • ※1引張強さ、0.2%耐力、伸びは0.1mm以上に適用する。
  • ※2ビッカースHVは0.1mm以上に適用する。
  • ※3導電率は設計上の参考値とする。
  • ※4引張強さの上限は、設計上の参考値とする。
  • ※5表中のPは板、Rは条を示す。

板・条の寸法公差

8・11合金板厚公差(単位:mm)

厚さ 許容差
0.08以上 0.1以下 ±0.006
0.1を超え 0.15以下 ±0.008
0.15を超え 0.2以下 ±0.009
0.2を超え 0.25以下 ±0.010
0.25を超え 0.4以下 ±0.015
0.4を超え 0.55以下 ±0.020
0.55を超え 0.7以下 ±0.025
0.7を超え 0.9以下 ±0.030
0.9を超え 1.2未満 ±0.040
  • 許容差を(+)または(−)だけ指定する場合は上記数値の2倍とする。
    定尺品の公差に関しては別途ご相談ください。

長さ公差(単位:mm)

厚さ 許容差
長さ:1200以下
0.08以上 2以下 +10
−0

板幅公差(単位:mm)

厚さ 許容差
形状:板 形状:条
幅:200以下 幅:100以下 幅:100を超え200以下
0.08以上 0.55以下 +2
−0
±0.1 ±0.2
0.55を超え 2以下 +2
−0
±0.2 ±0.3
  • 許容差を(+)または(−)だけ指定する場合は上記数値の2倍とする。

条の曲がりの最大値(単位:mm)

最大値
(任意の個所1000につき)
4以上 13以下 4
13を超え 50以下 3
50を超え 100以下 2
100を超え 200以下 1
曲がりの最大値の図

(5)ミッドレンジ材(7合金)の特性、寸法公差

板・条の特性

合金名 質別 記号 ※5 引張試験 ※1 硬さ試験 ※2 導電率 ※3
(%IACS)
引張強さ(N/mm2 0.2%耐力(N/mm2 伸び(%) ビッカースHV(0.5以上)
7 1/2HT BeCuP07-1/2HT・BeCuR07-1/2HT 670-800 ※4 550-760 10以上 195-250 38以上
HT BeCuP07-HT・BeCuR07-HT 765-900 ※4 685-835 8以上 220-275 33以上
EHT BeCuP07-E2HT・BeCuR07-EHT 870-1000 ※4 750-930 4以上 250-310 30以上
  • ※1引張強さ、0.2%耐力、伸びは0.1mm以上に適用する。
  • ※2ビッカースHVは0.1mm以上に適用する。
  • ※3導電率は設計上の参考値とする。
  • ※4引張強さの上限は、設計上の参考値とする。
  • ※5表中のPは板、Rは条を示す。

板・条の寸法公差

7合金板厚公差(単位:mm)

  • 7合金は標準板厚を設定しています。
厚さ 許容差
0.08 ±0.006
0.10 ±0.006
0.12 ±0.006
0.15 ±0.008
0.18 ±0.010
0.20 ±0.010
0.25 ±0.010
0.30 ±0.015
0.35 ±0.015
0.40 ±0.015

長さ公差(単位:mm)

厚さ 許容差
長さ:1200以下
0.08以上 0.4以下 +10
−0

板幅公差(単位:mm)

厚さ 許容差
形状:板 形状:条
幅:200以下 幅:100以下 幅:100を超え200以下
0.08以上 0.40以下 +2
−0
±0.1 ±0.2
  • 許容差を(+)または(−)だけ指定する場合は上記数値の2倍とする。

条の曲がりの最大値(単位:mm)

最大値(任意の個所1000につき)
4以上 13以下 4
13を超え 50以下 3
50を超え 100以下 2
100を超え 200以下 1
曲がりの最大値の図

ベリリウム銅製品に関するお問い合わせ