お知らせ

ネプコンジャパンに出展
EnerCeraを用いた高効率な蓄電ユニットを初出展

2021年01月15日

日本ガイシは、1月20日から開催される「第35回ネプコンジャパン - エレクトロニクス開発・実装展」へ出展を予定していましたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を鑑み、出展を予定していた全ての展示品のパネルを、オンラインのバーチャルブースで公開しました。社員が、製品の特長や活用事例を紹介する動画も、1月6日から公開しています。また、会期中の3日間は、チャットによる質問やオンライン面談を随時受け付けますので、オフィスやご自宅からお気軽に弊社バーチャルブースをご訪問ください。

終了しました。ご来場いただき、有り難うございました。

出展品の概要

チップ型セラミックス二次電池「EnerCera(エナセラ)」シリーズ

EnerCeraは、電極に当社独自の結晶配向セラミックス板を使用した、小型・薄型でエネルギー密度の高いリチウムイオン二次電池です。耐熱性が高いため、IoTデバイス等へ高温実装できるのが特長で、EnerCera Pouch(パウチ)はホットラミネート加工に対応。EnerCera Coin(コイン)はリフローはんだ実装が可能で、リチウムイオン二次電池として世界で初めて(当社調べ)作動温度105℃を実現しています。

EnerCeraの活用事例
EnerCeraに、エネルギーハーべスティング(※)技術やワイヤレス電力伝送(WPT)技術を組み合わせれば、IoTデバイスのメンテナンスフリー化が叶います。バーチャルブースでは、社員による解説動画でEnerCeraの多様な電源ソリューションを紹介します。

※エネルギーハーベスティング:光や振動、温度差など環境の中にあるエネルギーを電力に変えて利用すること。環境発電。

【New】ローム株式会社との協業による高効率な蓄電ユニットを初出展

日本ガイシは、ローム株式会社との協業による超高効率な蓄電ユニットを初出展します。
出展するのは、EnerCera Pouchと、ロームの超低消費電流技術「Nano Energy」を搭載した降圧DC/DCコンバータなどのIC群から構成された電源システム基板です。
小型でも高容量な二次電池EnerCeraに、消費電流が180nAと極めて小さい電源ICを組み合わせることで、待機可能時間を大幅に拡大。エナジーハーベスティングやワイヤレス電力伝送による微弱電力でも、高効率に充電できます。出力においても、EnerCeraから大電力を高効率に放電し、IoT機器のセンサーや無線通信を駆動するのにじゅうぶんな電力を供給します。メンテナンスフリーIoTデバイスの実現に貢献する電源ソリューションを、ぜひご検討ください。

EnerCeraとNano Energyのコラボレーションによる高効率蓄電ユニットシステム基板

EnerCeraとNano Energyのコラボレーションによる高効率蓄電ユニットシステム基板

EnerCeraとNano Energyのコラボレーション参考資料イメージです

  詳細は、以下リンク先PDFをご覧ください

メンテナンスフリーデバイスを実現するEnerCera×Nano Energy(PDF)

Nano Energyについて詳細は、ローム株式会社公式サイトをご覧ください(外部サイト)

「Nano Energy」はローム株式会社の商標または登録商標です

複合ウエハー

無線通信に欠かすことのできない送受信用フィルターに幅広く採用されており、次世代通信規格「5G」にも対応します。

高純度アルミナ製「ハイセラム」ウエハー

透光性と熱伝導性を兼ね備え、高周波特性に優れるセラミックウエハー。

紫外LED用マイクロレンズ

紫外LEDの照射範囲を絞り殺菌効果を高める極小レンズ。透過性と耐久性に優れた石英ガラスを用い、LEDチップを格納するキャビティ(空間)を備えていることが特長です。

マイクロヒーター(開発品)

日本ガイシ独自の成形技術により開発したセラミック製の細径のヒーターで、複雑な形状に対応します。

静電容量センサー(開発品)

極薄セラミック保護層を形成することにより、高感度で耐薬品性に優れる液量センサーを開発しました。

セラミックパッケージ

高速伝送を実現する光通信用パッケージや、放熱性に優れる多層窒化アルミニウムパッケージ(開発品)を紹介します。

展示会概要

展示会名:
「第35回ネプコンジャパン - エレクトロニクス開発・実装展」内
「第22回 半導体・センサ パッケージング技術展 (通称:ISP)」

会期:
2021年1月20日(水)~22日(金)
10:00~18:00(最終日のみ17:00まで)

開催場所:
会場:東京ビッグサイト 西展示棟1階 小間番号W9-22

オンライン(バーチャルブース):
ネプコンジャパン公式サイトよりアクセス可能です(事前登録が必要です)

※閲覧のみ:1月6日から公開中
※チャットなどリアルタイムのお問い合わせ:1月20日から

ネプコンジャパン公式サイト

参加費:
無料(Webサイトからの登録制)

ネプコン2021_バーチャルブース

以上

一覧へ戻る