サステナビリティ

ステークホルダーとともに

地域社会との協調、社会貢献活動の推進

NGKグループは、各国・地域の社会的課題に関心を持ち、地域に信頼される企業市民であることを目指して、各地のニーズに応じた社会貢献活動に取り組んでいます。

地域社会への基本的な考え方

NGKグループは、以下のような考え方のもとで、社会貢献活動を推進しています。

社会貢献活動の推進体制

NGKグループの社会貢献活動は、ESG会議のもと総務部が中心となって推進しています。
各地で実施した社会貢献活動に関する情報は、国内外のグループ会社の社会貢献活動通信員から収集しています。2019年度は、76件の活動報告がありました。

<社会貢献活動の推進状況>

2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
社会貢献支出額 3.46億円 3.15億円 3.00億円 3.02億円 2.37億円
社会貢献プログラム数 9件 10件 10件 10件 13件
NPO/NGOとの協働件数 4件 4件 4件 4件 4件

活動の内訳

社会貢献活動の推進状況を示した円グラフです。2019年度には社会貢献に2.37億円を支出しました。内訳は、教育・社会研究が25%、学術・研究が18%、地域活動・史跡伝統文化保全が17%でした。

留学生への奨学、生活支援

一般財団法人日本ガイシ留学生基金が運営する留学生寮、日本ガイシインターナショナルハウスの写真です。

日本ガイシは、国際社会の発展に貢献する人材育成への寄与を目的に、一般財団法人日本ガイシ留学生基金を設け、日本を訪れる海外からの留学生に対する宿舎提供や奨学金支給を柱とする支援活動を続けています。
この活動は、1930年代から日本ガイシが世界へ進出した際、海外へ赴任した従業員やその家族が現地で温かい支援を受けたことへの感謝の気持ちから始まったもので、日本で学ぶ留学生たちにも「日本へ来て良かった、日本を好きになった」と思ってもらえるよう努めています。
2019年度は6カ国40人に宿舎を提供、14カ国20人に奨学金(給付型)を支給しました。

一般財団法人日本ガイシ留学生基金

支援留学生と地域社会、従業員との交流

支援留学生と地域の方々や従業員との草の根国際交流の機会となる各種の行事にも取り組んでいます。留学生が講師を務める語学講座を2000年から、留学生が母国を紹介する異文化交流会を2006年から毎年開催しています。
2019年度は、各国の留学生が毎回交代で母国を紹介する異文化交流会を6回実施。留学生と地域住民との良い交流の機会となりました。2019年度までの参加者は、約1,000人となります。

<留学生と地域住民の参加者数>

留学生 11人
地域住民 20人

支援終了後のコミュニケーション

支援終了後も支援留学生との関係を維持するため、OB・OGを含む留学生に、近況報告を兼ねた年賀状を送っています。
また、支援が終了した留学生には、当社の連絡先を記載した「NGKインターナショナルフレンドシップクラブ」のメンバーズカードを配布しています。
2019年度は財団や日本ガイシのトピックスを掲載した年賀状を支援が終了した留学生を含む約300人に送付しました。

地域社会、NPOなどと協調した社会貢献活動

日本ガイシは、地域に信頼される企業市民であることを目指し、地域社会やNPOなどと協調して、地域のニーズに応じた社会貢献活動に取り組んでいます。また、国内外のNGKグループ各社でも、従業員ボランティアを中心に、それぞれの地域に根付いた社会貢献活動を行っています。

その他の社会貢献活動について

従業員のボランティア活動に対する支援

NGKグループでは、従業員が社外ボランティアに参加するきっかけをつくるため、活動への積極的な支援や情報提供を行っています。

NGKサイエンスサイトに家庭でできるスペシャルコンテンツを掲載

NGKサイエンスサイトのトップページの画像です。

日本ガイシホームページのスペシャルコンテンツ「NGKサイエンスサイト・家庭でできる科学実験シリーズ」は子どもたちに科学の楽しさを伝えることを目的に、1997年の開始以来、身近なもので実験できる手軽さから多くのアクセスを集めています。
2020年4月、この「NGKサイエンスサイト」内に、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、外出自粛により家の中で過ごす時間をさらに楽しんでいただきたいという想いから、買い物に出かけなくても、家にあるもので簡単にできる実験や工作を集めた特集ページを公開しました。
日本ガイシは、今後もものづくりに携わる企業として、次世代を担う子どもたちに科学の楽しさを伝えるための情報を発信していきます。

NGKサイエンスサイト

科学の面白さを伝えるクリスマス・レクチャー

英国科学実験講座、クリスマス・レクチャーの会場写真です。

日本ガイシは、科学の面白さを子どもたちに伝える科学イベント、英国科学実験講座「クリスマス・レクチャー」(読売新聞社 主催、東京工業大学共催)に2011年から協賛しています。このイベントは約200年前から英国で、科学者から青少年へのクリスマスプレゼントとして毎年開催されてきた伝統ある人気のレクチャーを日本で再現したもので、ゲスト講師として登壇する社員が毎年のテーマに合わせて当社製品の特長を子どもたちや学生に分かりやすく紹介しています。

TABLE FOR TWOプログラムを社員食堂で実施

テーブル・フォー・ツー・プログラムで提供されているメニューの写真です。

日本ガイシは、社員が気軽に毎日参加できるボランティア活動として2010年9月からTABLE FOR TWOプログラムに参加しています。社員食堂でヘルシーメニューを食べると、アフリカの子どもたちに給食1食分(20円)が寄付されるしくみで、名古屋、知多、小牧事業所と石川工場のすべての食堂(8食堂)で実施しています。2019年度は、4万食(80万円/社員と会社からのマッチング)の給食を寄付し、TABLE FOR TWO事務局からプラチナサポーター賞をいただきました。これまでの寄付累計は、39万食(約780万円)となり、アフリカの子ども約1,770人分の1年間の学校給食に相当します。

地域社会との交流

NGKグループは、工場見学や地域イベントなどの機会を通じて地域の皆さまとの交流を活性化するとともに、直接対話の機会を設けていただいたご感想やご意見を当社グループの事業活動やCSR活動に生かしていくよう努めています。

工場見学の開催

<2019年度に開催した工場見学会(日本ガイシ)>

参加人数 詳細
名古屋事業所 36人 日本ガイシ留学生基金
3人 陸前高田市立高田第一中学校
知多事業所 55人 地域住民工場見学会
石川工場 41人 石川県立工業高校
80人 能美市町会連合会
合計 215人