アジアNGKオホーツク環境保全

ミズバショウ群生地の保全に協力

2018年04月

NGKオホーツク(NOK)は、網走湖畔のミズバショウ群生地の保全に取り組む「網走湖・水と緑の会」の活動に協力し、群生地の整備を行いました。
この活動は、ミズバショウ群生地の景観維持および湿地帯の環境保全を目的に年に2回行われているもので、NOKの参加は今年で9年目。参加した21人は、足元に咲き誇るミズバショウに注意しながら群生地内のごみ拾いや枯れ枝集めなどに励み、地域の環境保全に努めました。

参加したNOKの社員たち

参加したNOKの社員たち

ミズバショウにとって重要な水の流れを妨げる木の枝を取り除いた

ミズバショウにとって重要な水の流れを妨げる木の枝を取り除いた

一覧へ戻る