アジア双信電機社会福祉

地元の施設でボランティア演奏

2016年07月

双信電機千曲技術センター(長野県佐久市)の社員が、佐久市の各地で地元の高齢者向けにボランティアでサックスの演奏を行いました。2012年から施設などを訪問し、高齢者になじみのある「影を慕いて」や「マイ・ウェイ」「ダニー・ボーイ」などの曲を披露し、盛り上がりました。

【7月10日】会社近隣にある老人ホームの夏祭りで演奏。地域住民も訪れ盛り上がった

【7月10日】会社近隣にある老人ホームの夏祭りで演奏。地域住民も訪れ盛り上がった

【7月21日】地域の高齢者の集まりで演奏。アンコールの要望も出たほどの盛況ぶり

【7月21日】地域の高齢者の集まりで演奏。アンコールの要望も出たほどの盛況ぶり

【9月15日】地元の老人ホームで約50人の入居者に向けて演奏。終了後に「ありがとう」「また来てね」という声も

【9月15日】地元の老人ホームで約50人の入居者に向けて演奏。終了後に「ありがとう」「また来てね」という声も

【9月16日】約50人の高齢者が参加した敬老会で演奏

【9月16日】約50人の高齢者が参加した敬老会で演奏

【9月19日】ケアマンションで演奏。今回が5度目の訪問で、演奏曲の歌詞カードを用意するなど高齢者に楽しんでもらえるよう工夫

【9月19日】ケアマンションで演奏。今回が5度目の訪問で、演奏曲の歌詞カードを用意するなど高齢者に楽しんでもらえるよう工夫

一覧へ戻る