アジア日本ガイシ労働組合災害支援

ひまわりが繋いだ日本ガイシと福島の絆

2016年06月

日本ガイシ労働組合が、NPO法人「福島ひまわり里親プロジェクト」の方々による講演会を本館ホールで開催(協賛:日本ガイシ、NGKビルサービス)し、組合員やその家族、約80人が講演に耳を傾けました。2011年3月11日の震災以降、被災地の方がどのように過ごしてきたか、ひまわり里親プロジェクトがどのような経緯で立ち上がったのかなどについて、代表理事の半田真仁さんが話をしました。また、講演会終了後には参加者によるひまわりの種まき会を開催しました。

■参加者の感想
震災から5年が経過した今だからこそ、後世に語り継ぐ重要性や震災に備えて、一人ひとりが危機意識を持たなければならないと改めて実感しました。

プロジェクトのイメージキャラクター「たびくまくん」と記念撮影

プロジェクトのイメージキャラクター「たびくまくん」と記念撮影

小学6年生で全国最年少理事を務める大和田紗希さんからも、自身の体験談が紹 介された

小学6年生で全国最年少理事を務める大和田紗希さんからも、自身の体験談が紹 介された

ひまわりが繋いだ日本ガイシと福島の絆

ひまわりが繋いだ日本ガイシと福島の絆

太陽に向かって元気に咲いたひまわり(2016年8月1日撮影)

太陽に向かって元気に咲いたひまわり(2016年8月1日撮影)

一覧へ戻る