アジア双信パワーテック社会福祉

高齢者総合支援センターの避難訓練への参加協力

2015年07月

双信パワーテックの社員7人が、高齢者総合支援センター「きりしま」での避難訓練に参加協力しました。訓練は、夜間の火災を想定して実施され、車椅子の高齢者の誘導を援助しました。夜間はセンターに従事する職員が減るため、万が一、火災が発生した場合には、近隣住民の協力が必要です。双信パワーテックでは一人でも多くの社員が体験できるよう、今後も継続して協力していく予定です。

事前に避難の手順、経路のほか、車椅子の操作について説明を受けた

事前に避難の手順、経路のほか、車椅子の操作について説明を受けた

高齢者総合支援センターの避難訓練への参加協力

一覧へ戻る