サステナビリティ

対話

開かれた株主総会

日本ガイシは、株主の皆さまにとって親しみやすく、開かれた株主総会の開催に努めています。毎年、総会会場には、会社紹介ブースと製品展示ブースを設け、説明担当者を配置するなど、当社の企業活動の紹介に努めています。
株主総会関連情報の拡充にも努めており、下記の取り組みを実施しています。

開かれた株主総会に向けた取り組みを説明する図です。(1.招集通知の早期発送、(2.ウェブサイト上での早期開示、(3,東京証券取引所の議決権行使プラットフォームへの参加、(4株主総会資料のウェブサイトへの掲載、が主な内容です。

東京証券取引所議決権電子行使プラットフォーム:東京証券取引所が運用する電子投票システム。従来の書面での手続きに代えてインターネット経由で議決権行使することが可能となり、国内外の株主にとって利便性が向上する。

双方向のコミュニケーション

機関投資家の皆さまとの対話充実にも継続的に取り組み、国内・海外での定期的な説明会に加え、個別訪問や取材対応を行っています。また、経営トップによる国内外の機関投資家の訪問と個別面談を実施しています。

<2019年度の活動状況>

活動状況 内容
国内 経営トップによるアナリスト・機関投資家向け説明会を年2回開催。さらに個別訪問や訪問取材にも対応。
海外 経営トップによるアナリスト・機関投資家向け海外IRを年2回実施。
IR資料の
ホームページ掲載
決算情報、決算情報以外の適時開示資料、有価証券報告書、アニュアルレポート、株主総会資料などを掲載しています。

IR情報

Pick Up Topics

野村IRフェアに出展した際の、日本ガイシブースの写真です。大勢の個人投資家がブースを訪れています。

野村IRフェアに出展

総務部と財務部は、個人投資家らに日本ガイシの事業内容や業績などを知ってもらおうと、東京国際フォーラム(東京都)で開催された「野村IR資産運用フェア2019」(主催:野村インベスター・リレーションズ、共催:野村證券)に出展しました。
展示会には計62社の上場企業や投資信託会社が出展し、2日間で約12,200人が来場。当社ブースでは、パネルの展示やミニ会社説明会を通して事業内容や業績について説明しました。

株主還元

日本ガイシは、株主に対する利益還元が経営の最重要政策の一つであると考えています。
基本方針として株主重視・ROE重視の経営を目指し、業績、財務体質、今後の事業展開などを総合的に勘案して連結配当性向30%程度を中期的な目処に利益の配分を行うこととしています。
2019年度は50円の年間配当を実施し、連結配当性向は59.0%となりました。
今後とも、資本コストを上回る収益性確保と財務健全性を両立させるとともに、中長期の観点から積極的な株主還元に努めます。

一株当たり配当金の、過去5年間の推移を示したグラフです。2019年度の一株当たり配当金は、2018年度と同額の50円でした。

自己資本当期純利益率(ROE)の推移を示したグラフです。2019年度のROEは5.8%でした。