サステナビリティ

コンプライアンス推進体制

法令・企業倫理遵守をグループ内に徹底するため、コンプライアンス委員会を設置し、傘下に委員会の業務を適正に遂行するための会議体としてコンプライアンス活動推進部会を設けています。

コンプライアンス推進体制図です。社長直下にコンプライアンス委員会を設置し、会議体としてコンプライアンス委員会事務局会を設けています。

グローバルなコンプライアンス体制

有効かつ実効性のあるコンプライアンス体制の基礎をNGKグループ全体に構築するためにグループコンプライアンス部が中心となり、各拠点でコンプライアンス教育等を行っています。

NGKグループコンプライアンス活動基本要領

2021年4月にNGKグループコンプライアンス活動基本要領を策定しました。
コンプライアンス活動の在り方は、社会情勢や法令動向の変化により、グローバルに進化を続けており、NGKグループも自らの活動について、国際的な水準に照らして客観的に評価検証し、継続的に改善する仕組みが必要です。
また法令遵守はもとより、安全、環境、品質などの分野においても、コンプライアンスに関する取り組みの在り方や価値観を統一することで、全体的な質的向上を図ることが重要です。
このような背景の下に、コンプライアンス活動の在り方に関する当社の基本的な考え方を示す方針として、NGKグループコンプライアンス活動基本要領を策定しました。
これに基づき本年度から、安全、環境、品質、輸出、競争法などで、実効性を重視したコンプライアンス活動の質的向上に向けて、関係部門が連携して取り組んでいきます。

ミッション遂行に向けた2020年度の取り組み

  • NGKグループコンプライアンス活動基本要領の制定
  • コンプライアンス教育(日本ガイシおよび国内外グループ会社)
  • グローバルな法規則への対応(競争法・贈賄防止法令など)
  • 内部通報制度の運用・体制整備
  • 品質コンプライアンス体制の運用支援