サステナビリティ

コンプライアンス

コンプライアンス教育の推進

従業員に対するコンプライアンス教育

グループコンプライアンス部と法務部が中心となり、役員および従業員に対するコンプライアンスの教育と啓発に努めています。キャリア教育や海外赴任者教育のほか、法令解説や事例紹介を行う「法令/コンプライアンス連絡会」を実施しています。
2018年度からは、キャリア教育において品質コンプライアンス、契約遵守を新たに加えて教育を行っています。

2019年度に実施したコンプライアンス教育(全般)

教育の名前 主な対象者 主な内容 実施回数
キャリア教育 新入社員 コンプライアンス基礎、競争法、外国公務員贈賄規制 2
昇格・転換者 コンプライアンス基礎 3
キャリア中途採用者 コンプライアンス基礎、競争法、外国公務員贈賄規制 1
新任係長 コンプライアンス一般、競争法、外国公務員贈賄規制
品質コンプライアンス、契約遵守、安全保障輸出管理
1
新任基幹職 コンプライアンス一般、競争法、外国公務員贈賄規制
品質コンプライアンス、契約遵守、安全保障輸出管理
1
基幹職2級昇格者 コンプライアンス(品質コンプライアンス含む) 1
海外赴任者研修
(グローバル研修)
海外赴任予定者 競争法、外国公務員贈賄規制、安全保障輸出管理 2
コンプライアンス教育 海外グループ会社管理者層・営業職 弁護士による講演会の実施および紙資料による自社教育 22
日本ガイシ、国内グループ会社一般層 コンプライアンス、ハラスメント防止、内部通報制度について 31
法令/コンプライアンス連絡会 基幹職ほか内容に応じた対象者 会社のしくみ~株主総会・取締役会を中心に~
 社内講師/参加人数:409名
不審メールを想定した訓練結果について
 社外講師/参加人数:582名
インサイダー取引規制の最新動向
 社内講師/参加人数:497名
民法改正への対応
 社内講師/参加人数:331名
腐敗防止の国際潮流
 社外講師/参加人数:536名
5
その他 全役員、基幹職ほか内容に応じた対象者 品質コンプライアンスセミナー
 外部弁護士、社内講師
2
事業部、国内グループ会社 下請法の説明会 3
国内グループ会社新社長
支援研修
コンプライアンス、ハラスメント禁止、内部通報制度など 1

2019年度に実施した競争法に関する教育

教育の名前 主な対象者 主な内容 実施回数
新任役員向け教育 新任役員 社外弁護士によるセミナー 1
競争法コンプライアンス講演会 日本ガイシおよび国内グループ
会社の全役員基幹職、営業職
外部弁護士によるセミナーを動画配信 1
海外グループ会社
コンプライアンス研修
海外グループ会社管理者層・営業職 弁護士によるライブセミナー、TV会議システムを使ったセミナーの実施、社内講師による実施、紙資料での実施 22
社内講師による競争法教育 内容に応じた対象者 部門からの依頼による教育 1

2019年度に実施した贈収賄防止に関する教育

教育の名前 主な対象者 主な内容 実施回数
営業関係者向け研修 国内営業関係者
海外グループ会社(一部)拠点長
社外弁護士によるセミナー、および少人数による事例ディスカッション 5
海外グループ会社
贈収賄規制研修
海外グループ会社管理者層・営業職 弁護士によるライブセミナー、TV会議システムを使ったセミナーの実施、社内講師による実施、紙資料での実施 22

その他の啓発活動

コンプライアンス便り

コンプライアンス便りに掲載されている、四コマ漫画などの写真です。

「こんぷろカスタム」提供

社内イントラネットに毎月1回、「コンプライアンス便り」を掲載しています。
身近なテーマを4コマ漫画などで提示した上で、事例から学ぶべき事を詳細に解説しています。
また、2017年度から毎年10月をコンプライアンス強化月間として啓発ポスターの掲示や内部通報先の周知などを行っています。

<2019年度「コンプライアンス便り」テーマ一覧>

4月 社会人として
5月 人権について
6月 お客さまとの契約の確実な履行
7月 セクハラ
8月 不正行為
9月 転倒事故防止
10月 企業倫理月間
11月 ハラスメント
12月 人権週間
1月 契約遵守
2月 コンプライアンスファースト
3月 サービス残業

コンプライアンス意識調査の活用

NGKグループでは、コンプライアンス意識や事業リスクについて調べるコーポレート・リスク・サーベイ(Corporate Risk Survey, CRS調査)を2年に1度実施しています。
2019年10月に行ったCRS調査では、コンプライアンス意識について、意識の浸透、コンプライアンス違反の有無、職場の雰囲気を調査しました。部門のコンプライアンス意識は浸透しているという回答が2017年の前回調査より増加しました。コンプライアンス違反がある、またはあると思うとの回答の内容でもっとも多かったのはハラスメントでした。また、職場で違反を公然と指摘できる雰囲気については7割が「ある」、または「どちらかといえばある」と回答しました。
これらの回答を元に、いっそうのコンプライアンス意識の浸透、違反防止、職場の雰囲気改善を推進しています。

  • ※CRS調査対象
    1)コンプライアンス意識調査 国内:派遣含む従業員、全役員/海外:出向者
    2)事業リスク 国内:S群※以上 ※係長・主任クラス