先輩紹介

ホーム > 先輩紹介 > 研究開発 > 児玉 法子

はい、ガイシ系です。

児玉 法子 2009年入社

所属

研究開発本部 SOFCプロジェクト 主任

出身学科

物質工学専攻

入社動機と、これまでの職歴

あ、外資系ではないんですね?

私の大学時代の専攻は「有機合成」です。そのためセラミックスに関しては全く無知でした。もちろん就職活動を始めるまで、日本ガイシのことは知りませんでした。そんな私が、どうしてこの会社に入ったのかというと、会社説明会、選考を通じて出会った社員の方々に感動したからだと思います。「研究職に就きたい」という気持ちから、有機・無機にこだわらず様々な会社へ説明会・面接を受けに行ったのですが、その中で、私の話す一つ一つの言葉を熱心に聞いてくださり、さらに引き出そうとしてくださった社員の方々の”熱さ”に惹かれました。
そして、私もこの会社の社員として働きたいと強く思いました。就職活動では「面接官との相性」もきっとあるだろうと思います。自分が、相性いいな(話しやすいな)と感じた面接官との相性はそのまま会社との相性だと思います。私は第一印象から日本ガイシに決めてました。

現在の私の仕事

SOFCの開発

私の所属するグループは、固体酸化物形燃料電池(SOFC)の開発を行っている部署です。近年、地球環境保護やCO2削減といった言葉をよく耳にしますが、この環境問題を解決するための有力な手段の一つとして、SOFCはまさに今、注目されている分野であるといえます。
業務では大学の時と同様に調査・実験・考察の繰り返しですが、違うことは、一つの完成系を目指して部署全員で分担して取り組んでいるということです。そのため自分の業務の重要性を日々実感しています。

今までで一番印象に残っている仕事成功談・失敗談など

一日一日を前進しながら生きる

毎日が新しいことの発見です。日々感じていることは、自分の説明能力の低さについて。頭では理解しているつもりであっても、それを相手にわかりやすいように伝えることの難しさを実感しています。今はまだ、大きな成功も失敗も経験してはいませんが、これからの業務において、知識を深め、プレゼン能力を磨き、成功への架け橋としたいと思います。

これからの夢、NGKで私が実現したいこと

働くお母さん

今も昔も、私の夢は働くお母さんです。この会社で、今まで生きてきた年月以上の月日をキャリアを積みながら成長していきたいと感じています。自分の尊敬する先輩方のように、自分も人から認められるような仕事を早くできるようになり(もちろんプライベートも充実させながら)、研究者として一人前になりたいです。そして、同僚に惜しまれ、孫に囲まれながら、大手を振って定年退職することが目標です!
研究開発一覧へ戻る研究開発一覧へ戻る

日本ガイシ株式会社 新卒 総合職 採用情報