先輩紹介

ホーム > 先輩紹介 > 営業 > 能代 俊亮

日々の勉強から新しいチャンスを見つけ、形にしていきたい

能代 俊亮 2006年入社

所属

セラミックス事業本部 産業プロセス事業部 営業部 東京営業所 主任

出身学科

化学生物工学科

入社動機と、これまでの職歴

活き活きと働きたい

大学では、化学生物を専攻していて、卒業論文は微生物を使った内容でした。かっこよく言うとバイオです。進路を考えたとき、もちろん大学院への進学や技術職も考えました。しかし、人と接する仕事の方がおもしろいと思い営業を選択しました。また、大学で学んだ知識を直接利用するのではなく、違う分野を得意としている会社で働くことにより、自分が持っている知識に差別化を図れると思い、セラミックスの会社である日本ガイシを考えました。
セミナー等を通して、日本ガイシの社員の人たちと話したところ、自分の仕事にプライドを持ち、活き活きと働いている印象を受けました。この会社なら自分も活き活きと働けると思い、日本ガイシに決めました。

現在の私の仕事

提案型営業

主にセラミックフィルタを使用した集塵装置である、セラレックを売っています。集塵機とは、ガス中に含まれる微粒子(数μm程度の小さな粉)を回収する装置です。微粒子は、ゴミだったり、製品であったりと様々です。そのため、集塵機の使い方も様々であり、微粒子がどう出てくるか、そのプロセスを理解することは重要です。セラレックは、セラミックスを使ったフィルタの集塵装置であるため、耐熱性、耐酸性に優れています。この特徴が生かせるプロセスを探して、客先訪問し、PRしています。他にもPRするのに必要なカタログや模型を作成、会社のHPの更新も提案します。(ぜひ、セラレックのHPは読んでみてください)
大きな会社ですが、私のような若手が中心となれます。自分で作戦を考え、必要なツールを製作し、お客様へPR。失敗も多いですが、結果を得られたときの喜びは、大変大きなものです。任せて頂ける範囲が大きい分、プレッシャーも大きいですが、やりがいはある仕事と思います。

今までで一番印象に残っている仕事成功談・失敗談など

私の提案でセラレックを導入

私の提案で当社の製品であるセラレックを導入していただいた話です。セラレックの特徴が活かせると思われるプロセスを徹底的に勉強し、新規導入を狙っていました。何社も客先を訪問し、セラレックが導入できそうなプロセスを見つけることができました。しかしながら、そのプロセスにはHF(フッ酸)が入っていることが分かりました。HFはセラミックを溶かしてしまいます。技術的に導入は不可能でしたが、悔しくてあきらめきれずに調査を続けた結果、HFがないプロセスもあることを知りました。
早速、そのプロセスを使っているお客様を訪問。PRの際、私が提案して作ったセラレックのフィルタの模型やカタログを使い、セラレックに興味を持ってもらいました。やっとの思いでスタート地点に立つことができ、セラレックの実機見学のセッティングや雪の降る中でテストの立ち会いをはじめ、何度も打合せを繰り返し、注文にたどり着きました。プロセスを学び、どのようにセラレックを使うことができるかを提案し、受注を得るという、まさに提案型営業の醍醐味を感じた案件でした。

これからの夢、NGKで私が実現したいこと

能代あるところに・・・

『能代あるところに笑いとビジネスチャンスあり』と言われるのが目標!
営業を通して、たくさんの情報を得ていきたいです。そして、日々の勉強から新しいチャンスを見つけ、形にしていきたいです。
営業一覧へ戻る営業一覧へ戻る

日本ガイシ株式会社 新卒 総合職 採用情報