NAS電池

火災対応経緯

NAS電池火災対応経緯

2011年09月21日 火災発生2000kwNAS電池から出火。500kW分が焼失。
社内に事故調査委員会を発足。
2011年12月 対策案作成・事故調査委員会報告
2012年01月~02月 消防庁研究センターによる火災原因究明
2012年02月~05月 社外の第三者委員会による対策検討(委員会承認5月)
2012年06月07日 総務省消防庁にて火災原因と対策を取り纏め、消防危154号通知発出

火災原因と対策(消防危154号通知)

原因: モジュール電池内の単電池破壊→内部ブロック間短絡→延焼

対策: 短絡防止対策(ヒューズ、短絡防止板追加)、延焼防止対策(延焼防止板の追加)、監視体制強化、消火体制の整備など

短絡防止対策
延焼防止対策

「NAS」は日本ガイシ株式会社の登録商標です。

NAS電池に関するお問い合わせ

電力事業本部 営業統括部 エナジーデバイス営業部 NAS電池営業グループ