焼成炉・乾燥炉(加熱装置)

プッシャーキルン

概要

被焼成物を台板上に積載し、炉入口のプッシャー機構で台板を押して搬送する連続炉です。日本ガイシのプッシャー炉は安定した炉内温度と雰囲気の中で焼成する連続炉であり、主として電子分野など、幅広くご利用いただいております。

全自動プッシャーキルン

プッシャーキルン

特長

  • 均一温度・雰囲気

    炉内雰囲気を安定して保つことが可能。列間にも炉床板からの給気が可能なため、上下左右の温度・雰囲気のバラツキを低減

  • 大量生産対応

    多段搬送の為、面積生産性を高めた大量生産が可能。熱伝導の良い道具材とともに使用することで、プロファイルの短縮を図ることも可能

均一なガス流れ 列間にも炉床板から給気が可能なため、均一なガス流れを実現できます。
特殊ラビリンス構造 炉内を特殊雰囲気に保つための日本ガイシ独自の整流構造。独立した一つ一つの小室のガス通りが良いため、炉全体のガス流れも良く、安定・均一を保持できる雰囲気ガス制御技術です。
酸素濃度分布 均一なガス流れを実現することで、酸素濃度や温度分布もバラツキが少なく、均一な炉内雰囲気を保ちます。

加熱装置一覧

加熱装置(焼成炉・乾燥炉)に関するお問い合わせ

産業プロセス事業部営業部