自動車排ガス浄化用セラミックス

ガソリンエンジン排ガス浄化用セラミックス

概要

ガソリンエンジン排ガス浄化用セラミックス

自動車排気ガス規制に対応するために、自動車エンジンの改良が絶えず進められ、同時に、排気ガス浄化装置の開発・改良も進められてきました。

自動車排気ガス対策の画期的な進歩は触媒コンバーターの採用にあります。初期の触媒は酸化触媒と呼ばれHC(炭化水素)とCO(一酸化炭素)を酸化する機能のものでしたが、その後三元触媒と呼ばれるNOx(窒素酸化物)の還元までをも同時に行う機能を持つ触媒が開発され、自動車排気ガス対策はさらに大きく進歩しました。

最近では、NOx吸蔵型の触媒やリーンNOx触媒といった新型の触媒も市場に導入されつつあります。

触媒用セラミック担体とは

セラミックスの表面に触媒金属を保持し、浄化すべき排ガスとの接触を保ちます。高温と急激な温度変化に耐えるようコージェライトをセラミックスの原料に使用しており、排ガスとの接触面積を大きくするようハニカム構造をしています。

ガソリンエンジン排ガス浄化用セラミックス

特長

ハニセラムの格子状の壁の厚さは、新聞紙1枚程度の0.1mm。ハニセラムの壁を薄くすると、同じ容積でも表面積をより広くとれるので、排ガスの浄化性能をいっそうアップできます。そこで日本ガイシは、さらに壁の薄いハニセラムの開発に取り組み、ついにその半分、ティッシュペーパーほどの0.05mmの超薄壁ハニセラムを実現させました。

自動車排ガス浄化用セラミックスに関するお問い合わせ

セラミックス事業本部営業統括部営業部