お知らせ

クルマに搭載できる高耐熱リチウムイオン二次電池「EnerCera」を「人とくるまのテクノロジー展2021オンライン」に初出展

2021年05月14日

日本ガイシ株式会社は、2021年5月26日(水)から2ケ月間にわたり開催される「人とくるまのテクノロジー展2021オンライン」に、チップ型セラミックス二次電池「EnerCera(エナセラ)」を初出展します。

人とくるまのテクノロジー展は、国内最大規模の自動車技術展で、今回初めてオンラインで開催されます。

  • 新型コロナウイルスの状況を鑑み、5月26日からパシフィコ横浜で開催が予定されていたリアル展は中止となりました。
人とくるまのテクノロジー展2021オンラインのロゴ

 当社オンラインブースで紹介するEnerCeraは、電極に当社独自の結晶配向セラミックス板を使用した、小型・薄型で エネルギー密度の高いリチウムイオン二次電池です。
大容量で高出力、加えて耐熱性が高いことが特徴で、一般的なリチウムイオン二次電池が対応できる温度は上限60℃であるのに対し、EnerCeraは105℃という高温環境でも使用でき、これは車載用電子部品に求められる厳しい温度規格基準「AEC-Q200 グレード2」の動作上限温度に相当します。
 ワークショップエリアでは、次世代自動車の開発に欠かせないCASE※(ケース)技術の進化や、ワイヤーハーネスレス化を叶えるEnerCeraならではのソリューションの数々を紹介するセミナーを開催しますので、ぜひご視聴ください。

  • CASE:CASE(Connected,Autonomous,Shared,Electric)

展示会概要

展示会名 自動車技術展 人とくるまのテクノロジー展2021 オンライン
会期 2021年5月26日(水)~7月30日(金)
会場 オンライン
https://aee.expo-info.jsae.or.jp/ja/online/
参加費 無料(完全登録制)
※当社ブースの閲覧には、来場者登録が必要です
主催者 公益社団法人自動車技術会

紹介するエナセラのソリューション事例

  • ECU(Electronic Control Unit)のバックアップ電源としての活用
  • リレーアタック対策スマートキー電源としての活用
  • 次世代タイヤセンサー用電源としての活用
  • 内装・HMI(Human Machine Interface)用分散電源としての活用 など
高耐熱なEnerCera Coin(右)と超薄型のEnerCera Pouch(パウチ)
高耐熱なEnerCera Coin(右)と超薄型のEnerCera Pouch(パウチ)

以上

一覧へ戻る