企業情報

日本車いすテニス協会とオフィシャルパートナー契約締結
併せて選手4名と契約し、車いすテニスを積極的に支援

2021年04月01日

 日本ガイシ株式会社(社長:小林茂、本社:名古屋市)は、一般社団法人日本車いすテニス協会(以下「JWTA」)とオフィシャルパートナー契約を締結しました。併せて、愛知県を拠点に活動する選手4名と支援契約を締結しました。

 JWTAとのオフィシャルパートナー契約により、年間イベント・競技大会などへの協賛を通じて、車いすテニスを積極的に応援します。また、地域貢献の一環として地元・愛知を拠点に活動する選手との支援契約により、国内外への遠征費などを支援し有力選手の活躍を後押しします。

JWTAの概要

名称 一般社団法人 日本車いすテニス協会
Japan Wheelchair Tennis Association
設立年月日 1991年4月1日設立、2015年4月1日法人化
代表社名(会長) 前田惠理
Webサイト http://jwta.jp/
  • オフィシャルパートナー契約を2021年4月1日に締結

支援契約選手

・小田凱人(おだ ときと)選手
 (契約開始:2021年1月)※1
・城智哉(たち ともや)選手
 
(契約開始:2021年1月)※1
・佐々木千依(ささき ちよ)選手
 
(契約開始:2021年4月)※2
・當間寛(とうま ひろし)選手
 
(契約開始:2021年4月)※2

  • 1 トップアスリートグループ※(注)との三者契約
  • 2 選手との二者契約
  • (注) テニスの世界的選手育成のため、国内の有力クラブチームが連携する一般社団法人


 当社は、グループ会社のNGKゆうサービス株式会社を通じ、1985年に設立した諸の木テニス倶楽部(名古屋市緑区)を運営しています。同倶楽部では、テニスを通じて仲間との憩いの時間を提供する他、レベルに応じてレッスンが受けられるテニススクールやクラス別に月例競技会等を開催してきました。
2015年からは知的障がい者のスポーツ競技会「スペシャルオリンピックス日本」の愛知支部の活動に協賛し、無償でコート提供を行っています。
2020年夏には、車いすテニスの競技者等が利用できるよう、屋外に2面のハードコートを新設し、同時に男女トイレをバリアフリー仕様に、施設内の移動動線についても車いす利用者目線で安全に移動できるよう改修しました。

 車いすテニスへの積極支援を機に、NGKグループとして、障がい者支援や地域のスポーツ振興をいっそう広く、継続的な取り組みとしていきます。

以上

一覧へ戻る