企業情報

創立100周年 ご挨拶

2019年05月05日

 日本ガイシは本日5月5日、創立100周年を迎えました。
 当社を今日まで支えてくださったお客さま、株主さまをはじめさまざまなステークホルダーの皆さまに心より感謝申し上げます。

 当社は1919年、日本が第一次世界大戦直後の好景気に沸いていた時期に創立しました。近代日本の産業が黎明期から発展期に移っていく時代、電力供給に不可欠な特別高圧がいしの国産化に向け、初代社長らの「営利でなく、国家への奉仕としてやらねばならぬ」との決意が原点です。
 以来先人のたゆまぬ努力と工夫により、がいしの製造で培った独自のセラミック技術を、幅広い分野に応用してきました。電力供給など社会のインフラを支え、地球環境を保全し、情報化社会の発展に貢献するなど、社会基盤の構築や人々の暮らしの向上に欠かせない製品を送り出し、グローバル社会の発展とともに成長してきました。

 100周年を迎える今年、理念を見直し「NGKグループ理念」として、私たちの使命を

社会に新しい価値を
そして、幸せを

と定めました。セラミック技術にさらに磨きをかけていくことはもとより、創立の原点に立ち返り、製品や業務の品質を高める活動を続けていくことで、NGKグループ一丸となってこの使命を果たしていきます。

 元号が平成から令和に変わりました。時代は今、自動車の電動化やIoT、AIの普及拡大が現実のものとなり、一方で低炭素社会の実現が求められるなど、大きな変革期を迎えています。当社も、時代の変化を見据え、エネルギー、エコロジー、エレクトロニクスの領域で、「Surprising Ceramics.」と驚きをもって迎えられるような、革新的な製品を提供し続けていくことを通じて、よりよい地球環境と持続的な社会の発展に貢献していきます。

 引き続き、ご支援くださいますようお願い申し上げます。

日本ガイシ株式会社
代表取締役社長

大島 卓

以上

一覧へ戻る